2008年06月13日

「ちりとてちん」のDVDがおしんを抜く!

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 1 苦あれば落語あり」が「おしん」(少女編)を抜き朝ドラ歴代1位の販売セットになったそうです。

「ちりとてちん」のDVDが売れているのは知ってましたが、まさかおしんを抜くとは思ってもいなかったですね。ただ、「ちりとてちん」は各シーンが過去のシーンとリンクしている事が多く、HDDレコーダーに撮ってあった「ちりとてちん」過去の名場面を再度確認する事が、ありました。その点は「踊る大走査線!」に近い演出方法でDVD向きと言えますね。
例えは「ちりとてちん」第22週の聞かぬは一生の箸 。回想シーンの秀臣が正典の仕上げた塗箸を見つめるシーンは、第17週で正典が塗箸を仕上げて糸子に会いに行くシーンの続きになります。喜代美が語った「他人のような顔をして出て行ってしまった・・」のセリフから分かるように正太郎と秀臣は第12週の草若と草々の関係とリンクをしてます。
他に、四草(加藤虎ノ介)のきつい一言や、草原の噛んだ場面、落語劇、喜代美(貫地谷しほり)の妄想シーンなど何度見ても楽しめるのが「ちりとてちん」で、それもDVDが売れている理由でしょう。

人気blogエンタメ芸能ランキングへ




posted by ドラマ案内人 at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貫地谷しほり ちりとてちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。