2011年04月11日

松下奈緒 「ゲゲゲの女房」をスタジオパークで語る

HDDに録画をしていた松下奈緒さん出演のスタジオパークを見ました。司会は住吉美紀アナ。9月16日放送の「スタジオパークからこんにちは」です。

。8月18日に「ゲゲゲの女房」がクランクアップしたと語る松下さん。十ヶ月近い撮影期間だったそうです。「誰かを信じて待つ事は、こんなに難しい事なんだ。」「誰を支えているから支えられている。」と演じた布美枝について語っていましたね。
NHKの食堂で全メニューは食べ、撮影は0時を過ぎていた事もあったそうです。クランプアップで感涙する松下奈緒さん。くす玉を割るときに初めて手を握ったとの事。撮影期間中は向井理さんをずっと「お父ちゃん。」と呼んでたと話していました。

思い出の名場面では茂と布美枝の夫婦喧嘩掛け合いシーンの「おや!おや、おや、おや、おや」「あら!あら、あら、あら、あら。」がアドリブだった。そして弟のタカシが亡くなり傷心のまま自宅に帰った布美枝に「これ、持ってあげるよ。」と藍子、「大変だったね。」と喜子の励ますシーン。(第22週「おかあちゃんの家出」ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX3(完) 収録)その後、スタジオでは藍子役の菊池和澄ちゃんと喜子役の松本春姫ちゃんからの”お母さんの絵”に「嬉しい。」と松下さん。そして二人の娘たちからの手紙の紹介。「・・・・・お母ちゃん、大好きです。見れんけど、おるよ(笑い)藍より」「タカシおじちゃんが死んだとき、お母ちゃんが泣いている姿を見て悲しかったです。・・・・ルナを忘れないでね。春姫より」に「何か、本当に家族だったので・・」と号泣の松下奈緒さん。

続いて思い出の場面は、悪魔君がテレビで実写版になった時に茂が戌井慎二(梶原善)にお礼を言いながら泣くシーン。茂が電話で「これは、凄い漫画だ。と言った、あんたの言葉が本当になりました。」に、布美枝が「お父ちゃん、お祝いの支度できたよ。皆、まっている。」。信じた夫のふるえる背中に松下さんは、本当は泣くシーンでないのにゴゥーッと泣いてしまったと。続いての思い出の場面は「うちの人はホンモノの漫画家ですけん!」と布美枝が源兵衛(大杉漣)に語るシーン。(第8週「父の上京」ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1 収録)このシーンで松下さんを役を演じている自信がついたそうです。

最後に「ありがとう」をピアノで弾く松下さん。質問コーナーでは休日はお昼まで寝てから趣味のカメラ、好きな食べ物はホルモン。カメラ目線で「そげですね。」を語り終了となりました。

【ゲゲゲの女房 主なキャスト】

村井布美枝・・・・松下奈緒
村井茂・・・・・・向井理
村井藍子・・・・・青谷優衣、菊池和澄
村井喜子・・・・・荒井萌、松本春姫

飯田源兵衛・・・・大杉漣
飯田ミヤコ・・・・古手川祐子
飯田貴司・・・・・星野源、鈴木福
村井修平・・・・・風間杜夫
村井絹代・・・・・竹下景子

深沢洋一・・・・・村上弘明
田中美智子・・・・松坂慶子
浦木克夫・・・・・杉浦太陽
戌井慎二・・・・・梶原善
菅井伸・・・・・・柄本佑

【ゲゲゲの女房 スタッフ】

原案:武良布枝『ゲゲゲの女房』(実業之日本社刊)
脚本:山本むつみ
音楽:窪田ミナ
主題歌:「ありがとう」 歌:いきものがかり【【送料無料】いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜(2CD)【期間限定ウィンタージャケ...に収録】



人気blogエンタメ芸能ランキングへ


posted by ドラマ案内人 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 朝ドラ ヒロイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。