2006年08月25日

純情きらり 最終回は?桜子は・・

今日購入をした月刊テレビ情報誌に『純情きらり』の来月[9月]ネタバレらしき内容が記述してありました。

『え〜っ!桜子が!!』と衝撃の展開!!

さすがに結末は記述していなかったのですが、記述内容から想定すると朝ドラ史上!悲惨な最終回になりそうなのですが・・・。原案の火の山―山猿記を読んでいないだけに気になりますね。ただ、原作とドラマのエンディングが違った作品も多いので『純情きらり』の最終回はハッピーエンドを期待しています。

以下は今まで出演したキャストの方です

有森家

有森桜子・・・・・(宮崎おおい)

有森杏子・・・・・(井川遥)
有森勇太郎・・・・(松澤傑)
有森磯・・・・・・(室井滋)
有森源一郎・・・・(三浦友和)
沖田徳治郎・・・・(八名信夫)

杉笛子・・・・・・(寺島しのぶ)
杉冬吾・・・・・・(西島秀俊)
杉加寿子・・・・・(櫻井詩月)
杉亨

マロニエ壮

八州治・・・・・(相島一之)
八重・・・・・・(原千晶)
和之・・・・・・(荒川優)
マリ・・・・・・(椋木美羽)
ハツ美・・・・・(たくませいこ)

東京の人々

鮎川周助・・・・(中山仁)
沢井ウメ・・・・(気野花)
工場長・・・・・(不破万作)
鈴村士郎・・・・(苅谷俊介)
鈴村浩樹・・・・(高橋和也)
高野薫子・・・・(松本まりか)

山長

松井達彦・・・・(福士誠治)

野木山・・・・・(徳井優)
キヨシ・・・・・(井坂俊哉)
おふみ・・・・・(藻田るりこ)
タミ・・・・・・(阿知波悟美)
野木山・・・・・(徳井優)
仙吉・・・・・・(塩見三省)
松浦たね・・・・(秋山菜津子)
松浦利雄・・・・(六画精児)
松井拓司・・・・(村田雄司)

松井かね・・・・(戸田惠子)

音楽・音楽学校

西園寺公麻呂・・(長谷川初範)
松尾・・・・・・(村杉蝉之介)
秋山均・・・・・(半海一晃)
るり子・・・・・(初音映莉子)

斉藤直道・・・・(劇団ひとり)

御崎しま子・・・(光浦靖子)

名古屋・岡崎の人々

音楽教師:西野・・・(キムラ緑子)
杏子の元夫:河原・・(池田鉄洋)
マスター・ヒロ・・・(ブラザートム)
キヨシの父・・・・・(大八木淳史)

幼女の桜子・・・・・(美山加恋)

有森マサ・語り・・・(竹下景子)
人気blogエンタメ芸能ランキングへ

posted by ドラマ案内人 at 22:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | 宮崎あおい 『純情きらり』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!山猿記では最後桜子が病気になるんですよね・・・・で結局亡くなるのが小説ですが。。どうなるのでしょうか??
Posted by 純情きらり☆LOVE at 2006年09月06日 17:05
NHKの朝のテレビ小説は必ず途中で死んでしまう人がいますね。長期の年月を半年で展開するから仕方ないけど・・。この番組も 桜子の両親、達彦の両親、おじいちゃん、なんか 殺しすぎ。時代も戦争で暗いのに 原作を吟味するか オリジナルにするか 子供もお年寄りも 幅広く視聴しているのだから 色んなことに配慮してほしいですね。最終回は楽しみですが 意外な展開とかはいりません。韓国ドラマのように視聴者の反応を聞いてから台本を作るようなこともいりません。こんな時代に心が癒されて和まされるような そんな番組であってほしいだけです。
Posted by 匿名希望 at 2006年09月16日 13:45
純情きらり☆LOVEさん、 匿名希望さんコメントありがとうございます。

本ブログの管理人です。
桜子はどうなるんでしょうね。小説の結末を知った当初は朝ドラヒロンが亡くなるの辞めてほしいと思いましたが、
”純情きらり”関連ブログの記事を読んで『演出方法によってはありかな』と感じてます。
ただ、苦しみながら亡くなる痛々しい終り方は辞めてほしいものです。
個人的に桜子の生死は、どちらともとれる曖昧な終り方(最終回)がいいですね。
Posted by ドラマ案内人 (ブログ管理人) at 2006年09月18日 21:12
死そのものは悲しいが、ドラマの中できちんと描くことで意味があるものになる、死を安易に避けて誰も正面から向き合わなくなってきて、その重ささえ忘れ去られかけてる時代だから、民放のように安直な描き方でなく、
きちんと描いて欲しいです。

匿名希望さんのような方がいるから、今の子どもたちは命の重さを理解できぬまま成長してしまうのではないでしょうか。
逃げるなんておかしい。向き合うべき。放送時間がどうの、というのは単なる言い訳。
Posted by とおりすがり at 2006年09月28日 12:55
 あまりにも暗い時代に厳しく悲しい運命を不幸と思わずそのまま受入れ、けなげに明るく前向きに生きて子供に文書を残した桜子さんは、すばらしい人生を打ち立てた人だと思います。
 ストレプトマイシンが奇跡的に入手できて桜子が快復するとか、達彦が再婚するのかどうかとか、その後のことは視聴者が自由に思い描けばよいと思います。
Posted by よつ at 2006年10月01日 17:50
とおりすがりさん、よつさんコメントありがとうございます。
子供に残した桜子の文書は”悔いのない生き方”だった事がうかがえますね。

自分にとって”ピアノでジャズ演奏”をする桜子が、その後の一場面です。
Posted by ドラマ案内人 (ブログ管理人) at 2006年10月08日 23:29
桜子が死んでしまったのは、残念だったけど私は、彼女の強さ・優しさがすきです
Posted by 玲奈 at 2006年10月11日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。