2012年05月10日

梅ちゃん先生 感想 もつべきものは友  その2【第5週】

夏休みが終わり前期試験が始まった。
字が汚い梅子(堀北真希)はノートを清書する為に授業に集中できなく試験に落ちた。 再試験となり、弥生らが梅子を落第させない為に勉強を教える事になる。

典子が娘のみどりを医専をつれてきた。『お父さん、遠くにいるの。いつか帰ってくるの。』と家族を書いた絵を梅子たちに見せるのだった。そして典子は夏休みの引上げ者の援護活動で知り合った人に結婚を申し込まれれた事を梅子に話すが決心がつかないでいた。
典子が結婚をためらっていることを梅子から聞いた松子は『たぶん、その男の人がいいひとだから。人の気持ちは、そう簡単に右から左にいかないの・・』と答えるのだった。

最後の再試験の途中に梅子は典子が気になり、試験会場を飛び出し『医者は人の幸せを願う仕事でしょう。自分が幸せになっちゃいけないと思っている人が、人を幸せに出来るのかな・・・』と典子に言う。戦死した夫の事を思い出し泣く典子は結婚を申し込んだ彼の元に走っていくのだった。
試験を棄権した梅子だったが弥生たちが先生を説得後、再々試験で合格。
典子は『しばらくまっていて欲しい。』と結婚を申し込んだ彼に言い、
そして、あのハナちゃんの写真を梅子たちに見せ江美。

なんと、ハナちゃんは牛。驚く梅子たちだった。

ドイツ語で、再試験はビーコン、再々試験はトリコン、再々々試験はテトラコン、初めて知りましたね。今週の、オチが牛のハナちゃんだったとは・・・。来週以降は、弥生と雪子のエピソードもあるのでしょうか?




posted by ドラマ案内人 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。