2013年09月14日

あまちゃん【能年玲奈】感想 水口 電波少年 ヒッチハイクの旅

あまちゃん(144回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
北三陸に無頼鮨・梅津(ピエール瀧)が現れた。豪快に、うに丼を何杯も食べる。『何も言うな種。言わなくても分かっている。こんな旨い物を食える奴は東京なんか来なくていい。こっちで、がんばれ。』と種市に言い10時間かけてバイクで帰っていった。渋い!渋すぎる大将。かっけーですよ。
水口のテーマ、ミズタク物語(元ねた・探偵物語のOP)で登場の水口。水口(松田龍平)が春子(小泉今日子)に辞表を出した。中身がない、えっ?ハートフルを辞めたときは書いていなかった?『仕事が面白くない。』と北三陸に行くと言い出す。正宗(尾美としのり)の着いた場所が目的だ。途中で誰かが拾ってくれるに『わき道、遠回り、誰かが拾う!?電波少年かよ!』(元ねた:電波少年・ヒッチハイクの旅)と春子がつっこむ。



潮騒のメモリーズが僕の原点と話す水口。留守電でアキに告白、ユイをアイドルにする発言など、確かに水口のアキとユイへの思い入れ度は半端ではなかった。純喫茶『アイドル』で潮騒のメモリーズinお座敷列車のDVDを見た甲斐さんは『熱いよ〜。ここに、いたかったよ〜』と顔をくしゃくしゃにして号泣。さすが年季の入ったアイドルファンです。
そして、水口は北三陸へ。夏に挨拶、そしてユイと1年半ぶりに再会をするのだった。
予告では『それを作ればやってくる。』と映画『フィールド・オブ・ドリームス』の名セリフ。誰がやってくるのでしょうか?若春子の事かな?

海女ちゃんに会いに行こう!⇒北三陸市【岩手県久慈市】の宿と観光スポット
blogramランキング参加中!
潮騒のメモリー収録 あまちゃん 歌のアルバム

posted by ドラマ案内人 at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。