2013年10月21日

ごちそうさん あらすじ・感想 第4週 アキ(加藤あい)がやってきた

連続テレビ小説 ごちそうさん あらすじ・感想 19話
第4週「こころをコメて」
大正11年。食べることより料理をする楽しさに目覚めた、17歳のめ以子(杏)。悠太郎(東出昌大)は納豆の魅力に虜になる。
悠太郎の弁当を毎日違う種類のおむすびを、中身は秘密で作る、め以子。そして、悠太郎に「あなたの食い意地を信じる」と褒めていのか貶していのか微妙な事を・・・。 ”おむすび”の中身は、ごぼうと豚肉が味噌で煮たもの。おむすびの中身の割には、凝った具で贅沢ですね。
め以子は”おむすび”の中身もネタ切れになり、教師・宮本(奥貫薫)にまで相談、開明軒の洋食を具にする事を思いつく。そんな時、開明軒に大阪出身の若い女性・亜貴子(加藤あい)が訪ねてくる。悠太郎と親しく話す女性の出現に動揺するめ以子。恋のライバルが出現です。

posted by ドラマ案内人 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 杏 朝ドラ ごちそうさん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378129021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。