2013年10月22日

ごちそうさん あらすじ・感想 第4週 鈍感なめ以子と悠太郎

連続テレビ小説 ごちそうさん あらすじ・感想 20話
第4週「こころをコメて」
亜貴子(加藤あい)を口説こうとする室井(山中崇)。ひっとすると、この二人は結婚?
亜貴子は悠太郎(東出昌大)の友人で、医学を学ぶ、はつらつとした女性。きさくで性格は、良さそうですね。め以子(杏)は軽いやけどを手当て、大五(原田泰造)の料理もべたほめです。亜貴子は悠太郎に、東北の大学への進学相談、お金がかかることを話す。 め以子が熱々のごはんで悠太郎に”おむすび”を握っているのを聞いて『あいかわらず、にぶいやな。』と言う亜貴子。
め以子は悠太郎に『亜貴子さんが好きなんですか?』と聞くと『嫌いな人はいないでしょう。』と答える。「よく食べて、見ていると元気になる人が好き」ってめ以子の事でしょう。二人とも鈍感すぎる。

posted by ドラマ案内人 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 杏 朝ドラ ごちそうさん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378204177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。