2007年09月20日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の結納

NHK どんど晴れ 第19週 女将の決断

強引な加賀美屋改革で孤立していた柾樹(内田朝陽)だが父と会った事によって心が開き環(宮本信子)に謝る。そんな時、大女将・カツノ(草笛光子)が倒れた。
環および家族の前で「俺は事を急ぎすぎた。これからは皆と話し合うつもりです。」と謝る柾樹。環は「あの笑顔に勝るおもてなしの心は他にありません。」と夏美(比嘉愛未)の若女将を認めたことをカツノに報告する。そして伸一(東幹久)と共に環は夏美と柾樹の結納で横浜に行く。そこで「盛岡に戻ったら夏美さんには若女将になってもらいます。」と啓吾(大杉漣)と房子(森昌子)に言う環。支配人も柾樹にまかせる事を環から聞いた伸一はショックで部屋に引きこもってしまうのだった。
第19週のゲスト  望月勝 (真夏竜)

結納でワインを飲んで酔っ払っている伸一。失礼な奴ですね。


DVDも発売決定!どんど晴れ 完全版DVD‐BOX1 / 比嘉愛未




タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56204509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。