2007年09月25日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の結婚

NHK どんど晴れ 第21週 加賀美屋の一番長い日

平治(長門裕之)がカツノ(草笛光子)の息子・政良(奥田瑛二)を連れてきた。再会を果たす二人。
そのころ、夏美(比嘉愛未)と柾樹(内田朝陽)の結婚式、披露宴が行なわれていた。披露宴の席で夏美が若女将になる事を発表した環(宮本信子)。
そしてカツノも最期を迎えようとしていた。「(夏美は)若女将になった。みんなを幸せにしてくれるに違えない。えかったのう〜。」号泣する平治、「母さん。」と政良、時江(あき竹城)に看取られ大女将・カツノは静かに眠るように、その生涯を閉じた。
披露宴が終りカツノの元へ夏美。「大女将〜。」と泣きながら寄り添うのだった。

第21週は加賀美屋の一日と過去の総集編でした。大女将のカツノも見事な最期でしたね。最終回放送日までには取り貯めしている残りの「どんど晴れ」見るつもりです。間に合うかな〜。


DVDも発売決定!どんど晴れ 完全版DVD‐BOX1 / 比嘉愛未




posted by ドラマ案内人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57226128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。