2012年11月14日

梅ちゃん先生 感想 恋のから騒ぎ【第7週】

梅ちゃん先生 感想 恋のから騒ぎ【第7週】

ダンスパーティの儲けで城南女子医専に窓ガラスが入った。
当時は進駐軍将校の奥様のファッションが流行っており、 松岡はどきどき下村家の来ていた建造に最新医学を教えてもらっていた。 そして梅子(堀北真希)も松岡(高橋光臣)に個人授業をうけていた。
松岡・伊東(庄野崎謙)らと梅子(堀北真希)らは、今度は演劇「ロミオとジュリエット」を催すことになり、松岡の脚本を梅子が手伝うことになる。
雪子(黒川智花)に殻を破れない事を指摘された弥生(徳永えり)は授業を欠席した。 『私、恋愛なんかできないの・・・父と母が小さい頃から、おまえはかわいくないから勉強するしかないと言われてきた。』と話す弥生に、『家族の人は、わざと嘘を付いたのよ。医者をつがせようと必死なのよ。・・弥生さんは、優しいわよ。医専の入学試験の時、けしゴムを貸してくれて、ありがとう。』と励ます梅子。

退院後、真田(平岳大)は実力が認めら新潟へ所長として転勤が決まった。喫茶店で、それを告げられた松子は動揺する。
弥生もジュリエット役に立候補、ジュリエットに選ばれるのだが、弥生が思いを寄せていた伊東に婚約者がいる事を知る。その事を、雪子に話した後『雪子さんがうらやましかった。ごめんね。』とジュリエット役に立候補した理由を話し、梅子たちの友情は深まるだった。 竹夫(小出恵介)は、あかね(宇野実彩子)に思いを寄せ始めるが、互いにそのこと確かめられずにいた。そんな折、あかねが『わたし、結婚する事になりました。』と竹夫に話す。あかねが働くニューオリンズを買収した中島との結婚・・・。あかねは笑顔でさよならを言うが竹夫は呆然とする。雨の中、涙を流しながらニューオリンズに戻るあかね。

建造が絶食宣言、闇市で仕入れた物を食べない事を知った竹夫は、
『お父さんが健康でないと患者を助けることができないのではないですか?意地をはっているのではないですか?僕もありますよ。』と責める。『一緒にするなー!』と怒鳴る建造に『一緒にしますよ、親子ですからね。』と答える竹夫だった。
その夜、久々に魚を口にする建造だった。

第7週の”あらすじのまとめ下書き”がパソコンのHDDに残っていたのでUPします。あかねに好きと言えずに別れることなった竹夫。数年後に再会する事になりますが”「あかね」の幸せそうな顔”を見て、ほっとする竹夫。自分も「よかった。」と心の中で叫んでましたよ。




人気blogエンタメ芸能ランキングへ

<梅ちゃん先生 キャスト>

下村梅子(しもむら うめこ):堀北真希

梅子の姉・下村松子(しもむら まつこ):ミムラ
梅子の兄・下村竹夫(しもむら たけお):小出恵介
梅子の母・下村芳子(しもむら よしこ):南果歩
梅子の父・下村建造(しもむら けんぞう):高橋克実
梅子の祖母・下村正枝(しもむら まさえ):倍賞美津子

梅子の叔父:立花陽造(たちばな ようぞう):鶴見辰吾

梅子の幼馴染・安岡信郎(やすおか のぶお):松坂桃李
安岡幸吉(やすおか こうきち):片岡鶴太郎
安岡和子(やすおか かずこ):大島蓉子

梅子の同級生C班・澤田弥生(さわだ やよい):徳永えり
梅子の同級生C班・須藤雪子(すどう ゆきこ):黒川智花
梅子の同級生C班・瀬川典子(せがわ のりこ):西原亜希
梅子の同級生C班・園田江美(そのだ えみ):白鳥久美子

中央医大生 松岡敏夫(まつおか としお):高橋光臣
中央医大生 伊東正彦(いとう まさひこ):庄野崎謙

飲食店を経営する三上康子(みかみ やすこ):岩崎ひろみ
矢吹あかね(やぶき あかね):宇野実彩子
キャバレー ニューオリンズの支配人 久保田(くぼた):KONTA
建造の教え子・山倉真一(やまくら しんいち):満島真之介
松子の上司 真田伸吉(さなだ しんきち):平岳大
松子の同僚 冴子(さえこ):木下あゆ美

梅ちゃん先生 公式サイト
posted by ドラマ案内人 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

梅ちゃん先生 感想 次のステップ【第6週】

終戦から2年が経ち、梅子(堀北真希)は城南女子医専に2年生となっていた。

最近、ダンスが流行っている事を話す下村家だが、建造(高橋克実)はいつもの調子で不満を言う。そんなある日、梅子たちが通う医専に、中央医科大学の男子学生たちが訪ねてきて松岡(高橋光臣)が梅子の35点のテストを拾う。恥をかいてしまう梅子。
男子学生たちは「ダンスパーティーを一緒にやる女の子を探している」といい、雪子(黒川智花)は大乗り気。パーティーをもうけたこお金で校舎にガラスを入れようと考える。

解剖実習の日。梅子は実習室にノートを忘れ取りに行くと、そこで教師の柴田(田中要次)がおり、梅子が『怖くないのですか?』と聞くと『同じ、人間だ。ついこないだまで生きていたんだぞ。』と答えて遺体の前で手を合わせるのだった。
パーティー開催に向けて準備を進める梅子たちだったが、急きょ、予定していた会場がキャンセルとなり、途方にくれる。そこで梅子はあかね(宇野実彩子)が歌手として働くキャバレーを訪ね、会場として貸してくれるよう頼み込む。梅子は、山倉(満島真之介)を介して、帝都大学の学生にもパーティーに参加してもらおうと画策するが、そのことで建造にダンスパーティーのことが知られてしまう。ダンスを猛反対する建造だが母の芳子(南果歩)が、昔ダンスをしていた事を知った梅子は教えてもらう事にする。

松子(ミムラ)は真田(平岳大)が倒れた事を知り病院に通い続ける。真田がお酒のビンを隠しているは心配して来て欲しいからと知る松子。
中央医科大学の松岡が建造に話を伺いたくて訪ねてきた。松岡が結核で戦争に行かなかった事を知る梅子。その夜、松子が帰りが遅いのが病院に通っているからだと知った建造は『竹夫が出て行ってからだ!』と怒鳴る。
近所で飲食店を開いている康子(岩崎ひろみ)の父が訪ねてきた。梅子たちが集まり歓迎するが、まだ戦争から帰ってこない夫を待っている康子に『田舎に帰って来い。』と言う父に『気にかけたり心配したりする相手がいるのは幸せなんだよ。人を待たせるより私は待つ方がいい。』と答える康子だった。
ダンスパーティ当日。梅子の家族はダンスパーティに出かけたが建造だけは拒む。

どうても建造に来て欲しい梅子は、
『お父さんも来て。・・・私が木に登ると危ないから降りきなさいとお父さんの声が聞こえた。お父さんが下で見守ってくれるから安心して上にいけたの。お父さんが心配してくれているから、私たちだいじょうぶなの。・・・・いつも心配してくれてありがとう。』と言う。

そしてダンス会場では、父の建造と母、松子、梅子と順番に踊る姿があるのだった。

当時、流行っていたのは社交ダンス。ダンス会場では積極的な江美でしたね。今週から登場の松岡は、梅子を巡り信郎と恋のバトルがあるのでしょうか?

続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

梅ちゃん先生 感想 もつべきものは友  その2【第5週】

夏休みが終わり前期試験が始まった。
字が汚い梅子(堀北真希)はノートを清書する為に授業に集中できなく試験に落ちた。 再試験となり、弥生らが梅子を落第させない為に勉強を教える事になる。

典子が娘のみどりを医専をつれてきた。『お父さん、遠くにいるの。いつか帰ってくるの。』と家族を書いた絵を梅子たちに見せるのだった。そして典子は夏休みの引上げ者の援護活動で知り合った人に結婚を申し込まれれた事を梅子に話すが決心がつかないでいた。
典子が結婚をためらっていることを梅子から聞いた松子は『たぶん、その男の人がいいひとだから。人の気持ちは、そう簡単に右から左にいかないの・・』と答えるのだった。

最後の再試験の途中に梅子は典子が気になり、試験会場を飛び出し『医者は人の幸せを願う仕事でしょう。自分が幸せになっちゃいけないと思っている人が、人を幸せに出来るのかな・・・』と典子に言う。戦死した夫の事を思い出し泣く典子は結婚を申し込んだ彼の元に走っていくのだった。
試験を棄権した梅子だったが弥生たちが先生を説得後、再々試験で合格。
典子は『しばらくまっていて欲しい。』と結婚を申し込んだ彼に言い、
そして、あのハナちゃんの写真を梅子たちに見せ江美。

なんと、ハナちゃんは牛。驚く梅子たちだった。

ドイツ語で、再試験はビーコン、再々試験はトリコン、再々々試験はテトラコン、初めて知りましたね。今週の、オチが牛のハナちゃんだったとは・・・。来週以降は、弥生と雪子のエピソードもあるのでしょうか?


posted by ドラマ案内人 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

梅ちゃん先生 感想 もつべきもの友  その1【第5週】

昭和21年の夏。梅子(堀北真希)は医専に入って初めての夏休み。
梅子は学費を出す為に働くことを決める。体温計を露天で売ろうとするが露天市場の管理人に見つかり怒られる。 陽造(鶴見辰吾)からコーラーを飲ませて貰った梅子は感動。コーラを自分たちで作ろうとするが失敗する。
江美が秋田の幼馴染・ハナちゃんの見舞い行きたいが汽車賃が無い。梅子たちは汽車賃を稼ぐために、コーラを再び作り、とりあえず成功する。コーラとは、ほど遠いものだが陽造が引き取る事になる。

あかねと偶然会った梅子。あかねがキャバレーの歌手の仕事に迷っているのを聞いて「人は皆、自分の可能性を試す権利があるのよ。」と勧める梅子。そしてあかねは歌手の面接で採用となるのだった。
会社で松子は同僚の冴子に上司の真田は借金をして屈折しているが戦争に行く前にもっと明るい人だと聞く。真田に『戦死した人に顔向けをできるのか考えてください。』という松子。

父・建造にコーラを作っている事をばれてしまった梅子。自宅で説教をされていることろに秋田から帰った江美が訪ねてきた。『おらのためだ、梅子さんのおかげで、ハナちゃんのとこに見舞いにいけたんだ。』と泣きながら話す江美のおかげで建造の怒りは収まるのだった。

『第5週』も先週に続き梅子の医専友情編。地味なようで、友人の為にコーラ作りとC班を引っ張っている梅子ですね。

続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

梅ちゃん先生 感想 ヒポクラテスの乙女たち 2【第4週】

梅ちゃん先生 感想とあらすじ ヒポクラテスの乙女たち(22)〜(24)【第4週】

結束を固めた梅子(堀北真希)の城南女子医学専門学校C班。
江美(白鳥久美子)が無口だったのは秋田訛りだったから、典子(西原亜希)は夫が戦死して子供がいる事を話す。
建造(高橋克実)は梅子が軍服にボタンを付けると必ず曲がる事、他にも梅子が医者に向いていない事を雪子(黒川智花)たちに話すのだった。
C班の仲間と一緒に映画『カサブランカ』を見た帰りにパンパンの摘発現場にいた梅子は、知り合いのあかね(宇野実彩子)と共にパンパンと間違われ、警察へ連行されてしまう。
父の怒られると思った梅子は、警察に迎えたきた、 『困ったことがあったら、お父さんをすぐ呼ばないんだ。』と語る父に安心する。

隣の幸吉(片岡鶴太郎)はラジオ『のど自慢』の出場葉書に喜んでいた。
そんな折、信郎(松坂桃李 )はが幸吉が騙し取られた作ったライターを闇市で見つけてトラブル、怪我を負う。
そんなに金が欲しいのかと言う信郎に『俺は、諦めたくないいんだ。親父はすぐ諦める・・・。地道と諦めるは違うだろう。』と答える信郎だった。

そして『のど自慢』の本番当日。 幸吉は信郎に言われた言葉を思い出していた。歌うのは『あきらめ節』でなく『ふっこう節』。歌い終わった後、『信郎、信郎、あきらめないで、あきらめないでがばんろうな〜!』とラジオから幸吉が叫ぶ声を聞いて、涙を流す妻の和子。そして安心した表情を見せる息子の信郎だった。

竹夫(小出恵介)を家に戻そうと一芝居を打つ正枝だが、建造にばれてしまう。父に『お兄さんと、竹夫兄さんが仲良くできたらいいと思います。』と必死に訴える梅子。 その翌日、家族で竹男の元訪れる。建造は帰り際に『芳子、いつでも家にこいと言ってやりなさい。ただし私がいないときに。』と言い一人去って行く。

そして竹夫が家に来るようになり、

家族がひとつなれた気がする梅子だった。

父親の本当の気持ちを知った信郎。そして父からゆるしてもらった竹夫。今回は、家族の絆を感じる話でしたね。
posted by ドラマ案内人 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

梅ちゃん先生 感想 ヒポクラテスの乙女たち 1【第4週】

梅ちゃん先生 感想 ヒポクラテスの乙女たち(19)〜(21)【第4週】

昭和21年4月、梅子(堀北真希)は医専に落ちた。

落ち込んでいる梅子に「あなた、受かっているわよ。」と弥生(徳永えり)は言う。
梅子の見間違えで、実は合格していた。家に戻り、家族に報告をして喜ばれる梅子だった。

5月になり城南女子医学専門学校に入学。
講義では黒板に書いた事を全部ノートに書かなければならなかったが、字の汚い梅子は書き取りに苦労をする。梅子はC班なり、梅子の班では制服を作ることになったが、学費の負担をあるために制服の事は家族に言い出せない。

ある日、梅子の班に先輩の間宮香織(山口あゆみ)が近づき、 ドイツ語の『我が尊敬する先生』を教える。 ドイツ語の授業で梅子の班は 先輩に教わったドイツで挨拶をするが、 「それは、くそじじいいと言う意味だ。」と扇田に叱られるのだった。
商社の事務員として働く松子。融通が効かない松子に、上司の真田は肩の力を抜いた方がいいとアドバイスを送る。
梅子が隠していた、制服の申し込み書を家族に見つかってしまう。 お金を出すことに何のためらいもない父と母に涙を流す梅子。

班のぎこちない雰囲気に梅子は、班の結束を固める為に、横須賀の海軍が備蓄品していた医薬品を貰いに行く事になる。
たくさん持って帰ることにした梅子達は馬で運んで貰うとするが、馬の蹄鉄がはずれ雨が降ってきてしまう。
どしゃぶりの雨の中で自力で荷台を引っ張って運ぼうとする梅子を見て江美、典子、雪子、弥生は手伝う。 そこに、トラックが通りすがり運んでもらうのだった。

仲間との友情の証となった汚れた制服。

翌日、洗濯をした制服を笑顔で見つめる梅子だった。

受験番号を見間違えるとは相変わらず、ドジな梅子。でも仲間を思う気持ちと協調性はありますよね。江美、典子、雪子、弥生は梅子と生涯の友人となるのでしょうか?

続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

梅ちゃん先生 感想 やるなら、やらねば【第3週】

梅ちゃん先生 感想 やるなら、やらねば【第3週】

医者になる事を決めた梅子(堀北真希)は、節子先生(中村ゆり)に面倒を見て貰う。 山倉真一(満島真之介)に英語を教えてもらい、竹夫(小出恵介)の元を訪ねた事で食堂で働く矢吹あかね(宇野実彩子)と出会う。 梅子は家族に医者になる事を話し、祖母・正枝(倍賞美津子)、母・芳子(南果歩)、松子(ミムラ)は理解してくれた。父・建造(高橋克実)もしぶしぶ医専の受験を承諾する。

そして昭和21年が明けた。
あかねが梅子を忘れた本を届けてくれた、母親の体調が良くなったと聞いて安心する梅子。 インフレで物価は上がっていくが梅子は勉強に必死で気がつかない。
蒲田駅前の闇市で叔父・立花陽造(鶴見辰吾)と働き始めた竹夫に、個人授業を頼むた梅子。 松子が就職試験に合格、働きに出たことに梅子は焦りを感じる。

梅子の勉強を見て、あまりの出来なさにあきらめろと言う建造だが、 『ヒロシくん助けるお父さんの姿を見て・・私、あんなふうになりたい。私が医者になりたいと言ったらサトシさん怒るかな。』と梅子を泣きながら告白する。
そんな梅子の真剣な姿を見て正枝、芳子、松子は皆、心から応援すると励ましてくれる。
そんな折、日本は旧紙幣が使えなくなりインフレが、ますます激しくなるのだった。

女学校卒業当日。結婚が決まった節子先生に『あなたの人生は字自分で決めて。』と梅子は励まされる。
医専の試験日、消しゴムをなくして試験中に困っていた梅子に、隣の席に座っていた沢田弥生(徳永えり)が、救ってくれた。

そして、合格発表日の日。

下村梅子、人生最大の緊張の瞬間は・・・・・


医者に目指して勉強をがんばる梅子。駄目でコンプレックスを持っている梅子は、『ちりとてちん』や『ゲゲゲの女房』が好きだった自分は共感できますね。

続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

梅ちゃん先生 感想 かがやく未来【第2週】

梅ちゃん先生 感想 かがやく未来【第2週】

梅子【堀北真希】は姉・松子(ミムラ)とともに配給所に出かけるが、肝心の米穀通帳を落としてしまい、食糧を手に入れることができなかった。
責任を感じ、梅子【堀北真希】が家族の為に作ったどんぐり料理だが、激マズで『よけいな事をするな!』と父に叱かれる。

翌日、梅子、松子、竹夫は叔父の陽造と出会い、カツ丼などをご馳走になる。品物を移動するだけでお金になると話す陽造。
その夜、陽造にカツ丼をご馳走なった事を父に話す梅子。怒る父だが梅子が家族の為に、さつまいもを貰った事を知る。

食糧難で梅子と竹夫と共に田舎に買出しに行く事になる。列車の中で便所に行きたい事を竹夫にからかわれて怒る梅子。竹夫は着物と食料を交換しても貰おうとするが「偉そうだ」と断れる。子供と遊んでいた梅子は交換でき、憤慨する竹夫。
その帰り道、竹夫は『医者になるにしても、このままでいのかって・・・』と梅子に言うのだった。
将来に悩む竹夫に、まだ将来を考えない梅子【。そんな折、梅子が掃除中に兄・竹夫の質札を見つける。竹男は質からお金を借りていた事を知り心配をする松子と梅子。その時、お隣の幸吉が通りかかり、「女ができた」と言い張るのだった。
そこに建造に帰宅、質札を発見されてしまう。怒り心頭の建造。そして、竹夫が帰ってきて…。
お金は「大学の友達に貸したのです。」と言い、
「医者になるのを辞めようと思います。別の道を探そうと思います。」と告げ家を出る。

その数日後、山倉が訪ねて来て松子にプロポーズをするが断られる。その直後、梅子を見つめ「では、梅子さんで。方向転換です。」と言う山倉に「帰って下さい。」と怒る梅子。
翌日、父の書類を大学病院に届けに行き、間質性肺炎を患い、入院中の少女・木下早苗(竹富聖花)と出会いう。早苗が探していた小説『月と花束』を節子先生から譲ってもらうのだが、届ける前に早苗は亡くなってしまう。

早苗の死と直面して医者になる決心をした梅子だった。

先週に続き、第2週も梅子が医者になるきっかになるエピソードでしたね。

posted by ドラマ案内人 at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

堀北真希 プロフィール

平成24年の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』でヒロインの梅子を演じる堀北真希さんのプロフィールです。

堀北真希 プロフィール
S 堀北真希・写真集 [大型本] / ND CHOW:撮影 (著); マガジンハウス (刊)

芸名 堀北真希 (ホリキタマキ)

生年月日 1988年10月6日

星座 山羊座  :出身地 東京都清瀬市 :血液型 B :身長 160

代表作:梅ちゃん先生(朝ドラ)、ALWAYS 三丁目の夕日(映画)、花ざかりの君たちへ(ドラマ)


続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

梅ちゃん先生 感想 あたらしい朝がきた【5〜6話】

梅ちゃん先生 感想 あたらしい朝がきた【5〜6話】

梅子が働く事を教えたヒロシは行方不明になっていた。
必死で探す梅子は倒れていたヒロシを見つける。いなくなった理由は『泥棒をおいかけていた。』と話すヒロシ。
落ちた饅頭を食べて重症のヒロシを背負って走る梅子。 自宅に運び父に診てもらう。

『俺は生きてても、人に迷惑をかけるだけ・・』と、うわごとを言うヒロシ。

『だめ、生きるのよ!戦争で生きたいのに死んでいった人はたくさんいるの。
がんばっていれば、神さまはごうぼうびをくれる。だから生きて!』
と叫ぶ梅子。

必死でヒロシの治療をする父の建造と梅子。
翌日、ヒロシは様態を落ち着き『朝だな・・・・』と朝日を見る梅子と建造。

そして病気は回復をしてヒロシは水戸の親戚に行くことになった。『きっと、もっといい事があるよ。』と励ます梅子に、 『梅ちゃんが、治してくれた。さよなら、梅ちゃん先生ー!』と手を降って別れを告げるヒロシ。
生きていればいい事がある・・・それば自分に言っていたのだと実感する梅子だった。

今週から始まった梅ちゃん先生。梅子の性格はドジでのろ間・・・。過去の朝ドラヒロインでは『ちりとてちん』のキヨミに近いですが性格は明るい。今回の朝ドラは医療ドラマの要素もある為、医者になってからの梅子は病気や患者と、どう向き合うのかが楽しみですね。

続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

梅ちゃん先生 4話 吉岡の死

訪ねてきた男は、智司ではなく叔父花陽造(鶴見慎吾)だった。
肉をお土産に持ってきたので梅子は大喜び。
蒲田には小さな市場が出来て、女学校で学ぶ梅子。

そんな折、父から『吉岡君は戦死した。』と聞くのだった。
posted by ドラマ案内人 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅ちゃん先生 3話 梅ちゃん(堀北真希)がウン○を運ぶ・・

弟3話は冒頭から梅子(堀北真希)が、畑にウン○を運んでいます。
朝の食事中にリアルタイムで見た方は驚いたでしょう。

進駐軍を初めて見る梅子は、好印象。好奇心旺盛で近寄ろうとするが姉に止められる。
そこで、再選泥棒をしようとした少年に再び出会う。
その夜、『そうだー!』と家の中で大声を出す梅子。翌日、川で魚取りをするが取れない。そこに信郎(松坂桃李)が智司が訪ねてきたと知り、急いで家に帰るのだが・・・・
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

梅ちゃん先生 感想

梅ちゃん先生 第1話、久々に朝ドラの感想になります。

昭和20年8月。まだ戦時中です。堀北真希さん演じる梅子は工場で勤労動員。
明るく、ドジなキャラは朝ドラ向きですね。
ラジオから放送される日本の降伏・・・・・
『日本は、負けた・・・』と絶望する監督官【徳井優】。
婚約者が帰ってくる事に、大喜びの姉の松子【ミムラ】。
幼馴染の『新しい時代を掘るんだ・・・』に梅子も一緒に掘る姿は、明るい未来を感じますね。

<梅ちゃん先生 キャスト>

下村梅子(しもむら うめこ):堀北真希

梅子の父・下村建造(しもむら けんぞう):高橋克実
梅子の母・下村芳子(しもむら よしこ):南果歩
梅子の祖母・下村正枝(しもむら まさえ):倍賞美津子
梅子の姉・下村松子(しもむら まつこ):ミムラ
梅子の兄・下村竹夫(しもむら たけお):小出恵介

安岡幸吉(やすおか こうきち):片岡鶴太郎
梅子の幼馴染・安岡信郎(やすおか のぶお):松坂桃李
安岡和子(やすおか かずこ):大島蓉子
松子の婚約者・吉岡智司(よしおか さとし):成宮寛貴
軍需工場の監督官:徳井優
posted by ドラマ案内人 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝ドラ 梅ちゃん先生 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。