2007年09月16日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の勝利

NHK どんど晴れ 第16週 競い合いの決着

旅行雑誌が発売され賞賛された記事内容からガイドブックの調査員は夏美(比嘉愛未)が担当したお客・田辺(温水洋一)だった事を知る。
女将修行勝負が夏美の勝ちを認めた後に「加賀美屋のおもてなしとは、しきたりの中でやるおもてなし。」と環(宮本信子)は伸一(東幹久)たちが勝手にやった”おもてなし”に怒るのだった。
数日後、男たちが彩華(白石美帆)のもとを訪れ借金の返済を迫る。浩司と柾樹が男たちを返したが彩華が病気で加賀美屋を休んでしまう。
アパートに見舞い来た夏美を部屋に入れた彩華は「まだ、気付いていないの、あなたを追い出そうとしたのよ。あなたは、このままいけば女将になれる。柾樹君と結婚できる。・・・・・そんな、あなたがゆるせなかったのよ。」と自分が仕組んだ策略を告白する。それを聞き「彩華さんは一番大事なものを忘れています。・・浩司さん、柾樹さんが彩華さんのそばにいます・・わたしは加賀屋が大好きだから正々堂々勝負して彩華さんに勝たなきゃいけないんです。」と夏美は励ます。
翌日、彩華は「夏美さんにあった人を信じる心」が私になかった。と環に告げて加賀美屋をやめる。父の形見のお皿を浩司に残し盛岡を去っていった。

三ヵ月後。盛岡は春を迎えた。帳簿を調べた柾樹は赤字を解消する策を女将の環に提案するのだった。

女将修行の勝負がついた夏美。白石美帆さんが演じた彩華は「電車男」陣釜さんと比べて影のある悪役でしたね。
どんと晴れではなく・・・どんど晴れ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)のおもてなし

NHK どんど晴れ 第15週 伝統は変えられません

彩華(白石美帆)が柾樹(内田朝陽)に加賀屋の女将になる為に浩司(蟹江一平)と付き合いだした事を告白した。
そのような時、女将修行勝負を彩華に勝たせようとする環(宮本信子)はガイドブック調査員が加賀美屋に来る事を知る。調査員が彩華の記事を書けば大女将も納得すると確信する環、久則(鈴木正幸)、伸一(東幹久) 。
夏美(比嘉愛未)は浩司から彩華と柾樹が抱き合っていた事を聞き驚くが関係は無いと信じる。

そんな折、調査員の川端(中島久之)が加賀美屋を訪れ彩華が担当する事になる。
夏美は予約無しで訪れた田辺(温水洋一)を担当することになるのだが、じゃじゃ麺を食べたいと言い出だす。夏美は柾樹のアドバイスでじゃじゃ麺をお出しする事が出来ないことを伝え「お料理という、加賀美屋のおもてなしも受け取って頂きたいのです。」と語る。
翌日、「(じゃじゃ麺をださなかった事に)あ〜いう態度は、気を悪くする客もいると思いますよ。」と田辺は言い旅館を去るのだった。

第15週のゲスト 田辺雅宏(温水洋一) 川端泰司(中島久之)

第15週はゲストで温水洋一さんが出演。何故か、いるだけで笑ってしまいますね。
続きを読む どんど晴れ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)と柾樹の誓い

NHK どんど晴れ 第14週 二人の誓い

柾樹(内田朝陽)が戻ってくることをカツノ(草笛光子)に嬉しそうに言う夏美(比嘉愛未)。
夏美が二度目の女将修行で盛岡に旅立ってから三ヶ月が経過、季節は冬になった。 柾樹は盛岡に戻り、雪化粧の一本桜の前で「これから夏美と二人で生きていくんだって、この桜に誓いたかった。」と夏美に語る柾樹だった。
加賀美屋では真一(東幹久)の下で働く事になった柾樹は、もう一人の女将候補がいて、それが幼なじみの彩華(白石美帆)だった事に驚く。
数日後、「イーハトーブ」で柾樹の歓迎会を開く裕二郎(吹越満)、先生(ダニエル・カール)、アキ(鈴木蘭々)、聡(渡邉邦門)、佳奈(川村ゆきえ)。 そこに彩華と浩司(蟹江一平) も加わり盛り上がるのだった。

柾樹と夏美がともに歩む一歩がスタートしました。
続きを読む どんど晴れ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

どんど晴れ あらすじ&感想 柾樹(内田朝陽)の決断

NHK どんど晴れ 第13週 真実の思いやり

彩華(白石美帆)が女将修行を始める事を女将の環(宮本信子)から発表され不安になる夏美。
番頭の中本(高橋元太郎)が腰を痛めているのを知り、代わりに松の手入れをする夏美(比嘉愛未)に、女将修行を順調に学んでいく彩華。
夏美の事が気になる時江(あき竹生)だが女将の環の目が気になり厳しくする。加賀美屋が大好きなら従業員と仲良くなれると信じて女将修行を続けれ夏美だった。
蔵で器を整理をする夏美だが、転んで捻挫をしてしまう。 いつものようのカツノのもとを訪れる夏美。足を捻挫しているの見て「どんな時でも心穏やかに。おのれの心を保つすでを身に付けることが大事。」とカツノに言われる。
カツノから譲り受けた重箱の箱を眺める環は屈辱的だった女将修行を思い出す。
蔵の器の整理を手伝う彩華だが皿を割ってしまう。彩華をかばって私が割ったと嘘を付く夏美は、また従業員から責められる。
横浜で企画した案が採用された結婚披露宴会場を訪れた柾樹(内田朝陽)は、そこでは加賀美屋で宿泊した事がある吉田(山本圭)と出会う。吉田の一人娘(中原果南)の披露宴でインターネット回線映像に夏美が映り、驚く柾樹。 「いちばん、つらい時を夏美さんに救ってもらった。」と吉田に対して「いつでも、加賀美屋でお待ちしています。」と夏美は言う。
披露宴後、吉田に「彼女は僕の婚約者なんです。」と言葉をかける柾樹だった。

蔵で器を整理する夏美に電話がかかってきた。「俺。夏美のそばに行くから。盛岡に戻って加賀美屋を継ぐ。」と言う柾樹だった。

14周のゲスト:吉田佐知代(中原果南)、吉田松太郎(山本圭)

第13週には仲居つながりでフジテレビで「はるちゃん」ではるちゃんを演じた中原果南さんが出演。「はるちゃん」は休みに見ていた事もあるドラマだったのでなつかしいですね。
続きを読む どんど晴れ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

比嘉愛未「どんど晴れ」クランクアップ

NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」が9日にクランクアップしました。
主演の比嘉愛未さんは

くす玉から「お疲れさま」の垂れ幕が下りて来ないハプニングに和んだスタジオで「ホントに胸がいっぱいで…、どうしよう。みんなと離れたくないです。まだ一緒にいたいです。本当に私の宝物。役者として人として成長していきたい」と泣きじゃくってあいさつした。

日刊スポーツより一部抜粋


比嘉愛未さんにとっては、初のドラマ主演で出演。夏美とともに歩んだ1年は初めての事も多かったんでしょうね。おつかれさまでした。
HDレコーダーに録画したままになっている「どんど晴れ」はお盆休み中には見ようと思っています。
ちなみに過去の朝ドラでは「純情きらり」のクランクアップは8月11日、「風のハルカ」が2月22日、「ファイト」のクランクアップが8月26日でした。

続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

「どんど晴れ」の舞台 盛岡に行ってきました

「どんど晴れ」の舞台になった盛岡に行ってきました。
行った時期は、春。ドラマが始まった頃です。

donto2.JPG
「どんど晴れ」歓迎の看板も発見しましたが、まだドラマ始まったばかりの為に、盛り上がりはいまひとつ。

駅から近い宿ホテルメトロポリタン盛岡 本館
dondo1.JPG
ただ、駅内で食べた冷麺は美味しかったですね。
8月1日からは女将修行断念のエピソードがあった三叉踊り(さんさ踊り)が、あるそうなので機会があれば、又訪れたい街です。
続きを読む 盛岡の宿
posted by ドラマ案内人 at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

どんど晴れ あらすじ&感想 佳奈(川村ゆきえ)と和解

NHK どんど晴れ 第12週 裏の心と表の心

彩華(白石美帆)から「組合費を盗んだと疑われた。」と聞いた浩司(蟹江一平)が夏美(比嘉愛未)に怒鳴り込んで来た。佳奈に浩司と味方がいなくなり、ますます孤立する夏美。
彩華が組合費を懐に入れるところを見てしまい浩司は彩華が母の入院費で盗んだ事を本人から聞く。
柾樹(内田朝陽)が借りていたアパート契約が終了して浅倉家に引っ越して来た。喜ぶ啓吾(大杉漣)、房子(森昌子)、智也(神木隆之介) だが元カノ香織(相沢紗世) の存在が気になる。
生け花をカツノ(草笛光子)に教わった後に従業員との関係を相談する夏美。「(彩華に誰かを見なかったと聞いた事について)たとえ、ささいな事でも事は大きくなる。・・・・辛いとき助けと欲しいと言うのも必要。」とアドバイスをするカツノ。
翌日、夏美は「申し訳ございませんでした。」と加賀美屋の従業員に謝る。佳奈(川村ゆきえ)も「もう、いいじゃない。」と夏美をかばう。その後、佳奈は「夏美からのメールを読んだ・・・私はどんな事があっても佳奈は大切な親友だって思っているからって書いてあった。私にとっても夏美は大切な親友。」と言い仲直りをする二人。
そして彩華は正式に加賀美屋で働く事になり浩司にプローポーズされる。その後に環(宮本信子)に「女将修行をさせて下さい」と頼む彩華。
仲間の仲居に手伝ってもらい蔵から器を取り出す夏美。素直な気持ちで助けてもらう事の大切さを知る夏美だった。

上に立つ者の言葉の難しさをカツノから悟った夏美。また、一歩成長しました。

どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)のライバル

NHK どんど晴れ 第11週 ライバル登場

加賀美屋のお茶会で大女将カツノ(草笛光子)が引退した。九代目女将になる環(宮本信子)は招待客に挨拶をして旅館を取り仕切ることになる。
再び女将修行が始まった夏美(比嘉愛未)は、職場復帰した時江(あき竹城)の下に付く事になる。そんな時、浩司(蟹江一平)が交際相手の彩華(白石美帆)を連れてきた。 秋の行楽シーズンで忙しく旅館を手伝う事になった彩華。
聡(渡邉邦門)が夏美に好意を抱いていると知った佳奈(川村ゆきえ)はショックを受け夏美と距離を置く事になる。そんな折、佳奈が火傷をしてしまい調理場の水道で冷やす夏美。神聖な場所の調理場に入った事で怒鳴る板長。それを見ていた彩華は「夏美さんの考えでは加賀美屋でやっていくの厳しいのでは?」と言う。
組合費の計算を頼まれた夏美だが組合費を紛失してしまう。近場にいた彩華に「誰かを見なかった?」と聞く夏美だが、その直後に浩司が「俺、夏美ちゃんの事を見損なったよ。」と夏美に言うのだった。

最近の出演ドラマでは、いじめる役が多い白石美帆さん。役にハマっています。
どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
どんど晴れ あらすじ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

どんど晴れ 比嘉愛未さんが結婚式

昨日のニュースで朝ドラ『純情きらり』で桜子を演じた宮崎あおいさんに続いて、同じく朝ドラ『どんど晴れ』で夏美を演じている比嘉愛未(ひがまなみ)さんが結婚・・・・・。

比嘉愛未(ひがまなみ)さんも結婚?

昨日の芸能ニュースで、この記事を見たときには驚きましたが、ちょっと違っていました。ドラマ『どんど晴れ』内でのワンシーン。日刊スポーツニュースによると6月15日に夏美と柾樹の結婚式シーン収録に臨んだそうです。放送は8月18日との事。
『ファイト』(主演:本仮屋ユイカ)以降、朝ドラでは桜子、ハルカ、町子と結婚式を挙げているんでよね。自分のパソコン・スクリーンセーバーはハルカのウエディング姿にしているのですが夏美のウエディング姿もwebサイトよりダウンロードを出来るようにして欲しいものですね。
発売されました!【送料無料選択可!】どんど晴れ サウンドトラック / TVサントラ

どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ あらすじ キャスト
posted by ドラマ案内人 at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)盛岡に戻る

NHK どんど晴れ 第10週 職人気質

「私、盛岡に戻ります。」と柾樹(内田朝陽)に言った夏美は四ヶ月前に「女将になる!」と言った場所から柾樹と共に夜景を眺める。翌日、夏美は盛岡の加賀美屋に戻った。
夏美は再び女将修行を頼むが大女将カツノ(草笛光子)に承諾を得ることが出来ない。伸一(東幹久)の失態で平治(長門裕之)の茶釜が手に入らない事を知った夏美は平治に茶釜をもらってきたら修行を認めてくださいと言う。その頃、横浜の実家に戻った智也(神木隆之介) は「もう一度、サッカーをやろうと・・お姉ちゃんを見ていると、そう思った。」と言い父と和解する。
雨の中を座り込むする夏美に根気負けした平治は中に入れる。泊めてもらったお礼にパウンドケーキを平治に作る夏美。衰えを感じ引退を考えていた平治に「上手くいっても、いかなくても、それは平治さんの作品。」と夏美は本心を言う。
夏美が平治のもとを訪れ5日が経とうとしていた。平治は茶釜を作り始め、ついに完成した。茶釜を見て「お湯を沸かしたら美味しいお茶が飲める。」と言う夏美に笑みを浮かべる平治。
カツノに茶釜を渡した夏美は「私、本気で女将になりたいんです。柾樹さんとの結婚は白紙に戻しました。」と頭を下げる。女将修行を認めたカツノだが、夏美を睨み「私は、あなたがここに戻ってくるのを賛成しかねています。」と言う環(宮本信子)。
翌日、お茶会が開かれた。大女将カツノの最後のお勤めだった。


【送料無料】南部鉄器 鉄瓶 塩谷霞(2.3L)
過去に平治から茶釜を貰う事が出来ない嫉妬から女将を修行を反対した環。怖いですね。そして、来週からは「電車男」で陣釜さんを演じた白石美帆さんが女将修行のライバルとして登場。でごわい相手です。
来週から修行が厳しくなると思われる夏美。夏美の味方と敵対側の人物をまとめて見ました。

味方

加賀美カツノ・・(草笛光子)
加賀美恵美子・・(雛形あきこ)
松本佳奈・・・・(川村ゆきえ)
石原清美・・・・(中村優子)

佐々木平治・・・(長門裕之)
岩本裕二郎・・・(吹越満)
先生・・・・・・(ダニエル・カール)
水森アキ・・・・(鈴木蘭々)
岸本聡・・・・・(渡邉邦門)
高林久美子・・・(別府あゆみ)
加賀美柾樹・・・(内田朝陽)

敵側(環&彩華派)

加賀美環・・・・(宮本信子)
加賀美久則・・・(鈴木正幸)
加賀美浩司・・・(蟹江一平)
加賀美伸一・・・(東幹久)

小野時江・・・・(あき竹城)
原田彩華・・・・(白石美帆)
中本努・・・・・(高橋元太郎)
その他の加賀美屋の仲居・板前

藤村香織・・・・(相沢紗世)

大女将引退後、職場では佳奈と清美以外に夏美側の人間がいないのは厳しいですね。


どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんど晴れ あらすじ&感想 佳奈(川村ゆきえ)から夏美(比嘉愛未)へのメール

NHK どんど晴れ 第9週 中途半場じゃ終われない

柾樹(内田朝陽)のアパートに聡(渡邉邦門)が訪ねてきた。夏美(比嘉愛未)に「俺は夏美ちゃんが女将と言う仕事を本当に好きでやっていると思っていた。」と心に響く言葉を残し去っていった。
ケータイ電話のメールをチェックする夏美。「親友になにも言わないで、いくなんて。」佳奈(川村ゆきえ)、「夏美ちゃん、へこたれるなよ。」裕二郎(吹越満)、「勝手に、いなくなるんじゃないの!」アキ(鈴木蘭々)、「失敗も成功のもと。」先生(ダニエル・カール) 、「戻ってくるの信じている。」聡と励ましのメールが届いていた。そして翼(川口翔平)から届いた手紙には「本当にごめんなさい。」と書かれていたのだった。
加賀美屋では夏真っ盛りで人手不足が続いていた。伸一(東幹久)は妻の美恵美子(雛形あきこ) に手伝いを頼むが家事で出来ないと言う。
翼のマンションを訪ねて、ハンバークを作る夏美。その夜、柾樹に翼の事を話した夏美は柾樹のアパートを出て行った。その頃、斎藤愛子(とよた真帆) が頼んだ弁護士が加賀美屋を訪ねてくる。賠償金に驚いた伸一は、こちらも弁護士を立て対抗しようとするのだが大女将が察していた為に諦める。
愛子は留守中に夏美が翼を訪ねてきたことを知り、夏美を呼び出した。それを知り反抗した翼にショックを受ける愛子に「大好きなお母さんを困らせたくないから本当の気持ちを言えなかった・・」と翼の気持ちを代弁する。「ごめんね・・・翼。」と翼の部屋に入った愛子は『翼と愛子が笑った絵』を見て翼を抱きしめる。
数日後、大女将カツノ(草笛光子)が斎藤のもとを訪れ夏美と再会する。訴訟を取り下げる事をカツノに言った愛子は「心のこもった謝罪の気持ち、確かに受け取りました。」と言う。
父のお店を訪ねてケーキを作らせてくれと頼む夏美。ケーキを作りながら盛岡で出会った人々を思いだす。「私は、私が出会ったお客様の笑顔が一番の宝物・・・このままで終れない。」と柾樹に言う夏美だった。
修行を逃げだりたり、実家に入れてもらえないと紆余曲折がありましたが翼の訴訟問題を解決した夏美は「どんど晴れ」でしたね。

続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

どんど晴れ あらすじ&感想 智也(神木隆之介)の家出

NHK どんど晴れ 第8週 失意の帰郷

盛岡を後にした夏美(比嘉愛未)は横浜に戻る。柾樹(内田朝陽)を会社で元カノ・藤村香織(相沢紗世)と再会する。実家に帰ろうとした夏美だが「二度も修行を途中から投げ出した娘を家の入れるわけにはいかない。」と父の啓吾(大杉漣)に自宅に入れてもらえない。夏美は柾樹のアパートで世話になる事になり、後から啓吾とケンカをして家出した智也(神木隆之介) も転がり込んでくる。柾樹が留守の間、アパートに香織が訪ねてきて「加賀美くんはあなたと結婚する必要はなくなったわけね。」と夏美に言う。
柾樹が盛岡に大女将に謝りに行った。「夏美が女将修行を続けると言っても、今度は反対しようと思う。」と大女将のカツノ(草笛光子)に言う。その夜、縁側で寛ぐ二人。「いい夢を見せてもらった・・・」と語るカツノ。夏の夜空に輝く星を眺めるカツノと柾樹。
柾樹から盛岡から戻ってくる。柾樹から旅館を継がない事を告げられた夏美は「婚約を解消してください。」と言うのだった。

横浜に戻った夏美に父は厳しかった。弟の智也も柾樹のアパートに転がり込んで来ましたが迷惑ですね。それにしても柾樹は人がいい。自分だったら彼女の弟を何日間も自宅に泊めることをしないですね。演じる内田朝陽さんは「私の青空」(主演:田畑智子)の筒井道隆さんと雰囲気が似ていますが、今後も”真面目で人がいい”役が増えそうです。
そして智也役の神木隆之介くんは7月スタートの探偵学園Qの主役が決まったそうなので「どんど晴れ」の出演場面は少なくなりそう。第8週〜第9週が智也にとって最大の見せ場だったのしょう。


どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の大失態

NHK どんど晴れ 第7週 女将修行、断念

夏美(比嘉愛未)は仲居としての初のお客さま斎藤愛子(とよた真帆) と息子の翼(川口翔平)を担当する事になる。中居頭・時江(あき竹城) の下で指導を受ける夏美。

母親と三叉踊りに行けなくなった翼。夏美は変わりに三叉踊りに連れていく。帰りに「イーハトーブ」に立ち寄った夏美はアレルギーのそば粉が入っている饅頭を翼に食べさせてしまう。病院に運ばれた翼は、あと数分遅かったら命も危なかった。翼の母・愛子は怒り加賀美屋を訴訟すると言い旅館を去った。
大女将のカツノ(草笛光子)は時江に責任を取らせ辞めさせる。納得する事が出来ない伸一(東幹久)は「俺にとって時江も母親も同じなんだよ!」と時江に言う。
時江は「柾樹(内田朝陽)坊ちゃんが加賀美屋を継ぐ事があっても、真一坊ちゃんの事も考えて欲しい。」言い去っていった。女将(宮本信子)は責任を取って仲居頭で働く事を語った後に「もし私だったら、ここには居られない。」と夏美に告げる。「疫病神だ!」「あんたは、良くないことをした。」と加賀美屋の従業員に責められる夏美。
『イーハトーブ』に「お世話になりました。」と置手紙を残した夏美は加賀美屋を去っていった。

第7週は歴代朝ドラヒロインで最大の失態がありました。直接、夏美に責任は無いにしろ、処置が遅れていたら死んでいた翼。旅館を去る時江。今後、どのように夏美が立ち直るのかも見所の一つです。
そして今週は盛岡祭りの場面も出てきました。 100万人近い観光客が来る盛岡の三叉踊り(さんさ踊り)。2007年は8月1日〜4日に行なわれるそうです。


どんど晴れの最新情報は?人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

どんど晴れ あらすじ&感想 家族と再会、夏美(比嘉愛未)

NHK どんど晴れ 第六週 浅倉家御一行さま

下宿先の仲間に柾樹(内田朝陽)を紹介する夏美(比嘉愛未)。夏美の父・啓吾(大杉漣)が二人の結婚を許してくれた事を聞いた夏美は元気を取り戻す。そして、柾樹は女将に挨拶をした後に横浜に戻っていった。
翌日、柾樹と入れ替えに夏美の家族・啓吾、房子(森昌子)、智也(神木隆之介)が加賀美屋に泊まりに来るのだが、上客ではないと判断した伸一(東幹久)が啓吾を怒らせてしまう。啓吾と家族は夏美の下宿先「イーハトーブ」を訪れ夏美と一ヶ月ぶりの再会をする。母に甘える夏美。
その翌日、柾樹の計らいで加賀美屋に宿泊する啓吾と房子は夏美が庭仕事をしているところを見つける。伸一と仲居の時江(あき竹城) に女将の大変さを聞かされた啓吾と房子は夏美に「実家に帰ってもいいんだぞ。」と言う。夏美の女将修行を辞めさせて実家に戻そうする圭吾に「夏美さんを座敷わらしに見間違えた。女将修行にかけて見たい。」と頭を下げて言う大女将のカツノ(草笛光子)。啓吾と家族は納得をして横浜に帰っていった。

実家に帰そうとする父の怒りから鬼の形相で庭仕事をする夏美に「いつ何時のお客様が見ているかもしれない。おもてなしの心を学ぶのです。」とアドバイスをする環(宮本信子)。
夏美が植えた木だが元気がない。そこに平治(長門裕之) が通りかかり「手をかけるのが愛情ではない。かえって弱らせる事もある。」と言う。その言葉から、女将が何故、夏美に庭仕事をさせたのかを感じるのだった。
一ヵ月後、盛岡で三叉踊りの季節が来た。夏美は仲居の仕事に復帰する。

親の愛情を感じた夏美。啓吾を演じている大杉漣さんですが、この雰囲気?「以前にも見たことがあるな。」と思っていたらドラマ「僕と彼女の生きる道」でテツロウの父を演じたときも、同じように頑固な役でしたね。

続きを読む 本仮屋ユイカ・村川絵梨・朝ドラ情報
posted by ドラマ案内人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)とジュンソ(リュ・シウォン)

NHK どんど晴れ 第五週 信じるこころ

病気で休養していた大女将のカツノ(草笛光子)が仕事に復帰した。
下宿先で柾樹(内田朝陽)との出会いがサッカーだった事を佳奈(川村ゆきえ)に話す夏美(比嘉愛未)。 その数日後に公園で子供たちとサッカーをしている韓国の人気俳優ジュンソ(リュ・シウォン)と出会う。彼が加賀美屋に宿泊する事で盛岡を案内する事になった夏美はジュンソが盛岡に来た理由は恋人を探しに来た事だと知るのだった。
離れ離れになったジュンソと彼女に自分と柾樹の姿が重なった夏美は彼女探しに協力をする。しかし、なかなか探し出す事が出来ない。諦めかけたジュンソに「(私だったら)たとえ、どんな遠く離れていても信じて待っています。」と言う夏美に裕二郎(吹越満)から電話連絡が入り「ラジオから呼びかけたらどうだ?」とアドバイスを受ける。ラジオで恋人にメッセージを送るジュンソ。しかし、恋人から連絡はなく帰国をする事に・・・。
「見つかりました!」と叫ぶ夏美。裕二郎から見つかったと電話があったのだった。そしてジュンソは恋人と再会する。

電話で会話をする柾樹と夏美。「会えなくても相手を信じる気持ちがあればだいじょうぶだと。」と言う夏美に「カーテンはオレンジ・・・」と夏美の部屋の外観を話した柾樹は盛岡に会いに、すぐそばに来ていた。柾樹の元に走り抱き合う二人だった。

第五週のゲスト出演だったリュ・シウォン。この週は視聴率が良かったらしいですね。リュ・シウォンの彼女の素顔はドラマ内で公開される事はなかったのですがファンへの配慮?

感動!リュ・シウォン出演幻のミュージックドラマ待望のリリース!ミュージック・ドラマ 涙がでる

どんど晴れドラマ情報はエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の家事

NHK どんど晴れ 第四週 親の気持ち

女将修行で恵美子(雛形あきこ) が旅館で働く事になった。夏美(比嘉愛未)は仕事が忙しい美恵美子の代わりに母屋で家事をする事になる。
女将の仕事をミスったり、仕事が忙しく子供の教材費を忘れてしまった恵美子は健太(鈴木宗太郎)勇太(小室優太)が小さい間は二人の世話をしたいと言うのだが夫の伸一(東幹久)は納得しない。

その頃、横浜では夏美の父・啓吾(大杉漣)と会って話を聞いてもらう事が出来た柾樹(内田朝陽)。酒を交わしながら二人の距離は縮まる。

健太と勇太が帰っていない事で夏美が探しに出かけるが見つからない。不安になる恵美子だが「イーハトーブ」の裕二郎(吹越満)が偶然見つけてくれた。「もしもの事があったら・・」と二人を抱きしめる恵美子。
「朝も、お母ちゃんの顔を見ていない。」と言う健太と勇太を叱る女将の環と伸一。それを見ていた夏美は「健太君と勇太君は、とっても偉かったです。」と弁明する。恵美子は「子供たちと一緒にいたいんです。」と環に本心を言い元の家事に戻るのだった。

恵美子が初めて環に本心を語りました。夏美の影響を大きかったですね。今週も先週に続いて、どんど晴れ(めでたし、めでたし)の内容でした。

続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんど晴れ あらすじ&感想 八幡平【はちまんたい】の白山千鳥

NHK どんど晴れ 第三週 おもてなしの心

女将の環(宮本信子)が夏美(比嘉愛未)の修行をする事になった。新人の仲居・佳奈(川村ゆきえ)と仲が良くなる夏美は、仲居の下宿先「イーハトーブ」で佳奈と暮らす事になる。
雨の日に敷物を敷いていなかった為に、お客の吉田(山本圭)を転ばしてしまった夏美は仲居頭の時江(あき竹城)に責められる。吉田に謝った夏美は吉田を気遣う女将・環のおもてなしの心に感動するのだった。そして吉田が亡くなった妻と毎年、岩手の八幡平【はちまんたい】を訪れていた事を知った夏美は写真家・水森アキ(鈴木蘭々)の案内で吉田を八幡平に連れて行く。下宿先の裕二郎(吹越満)、先生(ダニエル・カール)、聡(渡邉邦門)の協力で白山千鳥【はくさんちどり】を見つける夏美。「妻が一番好きだった花だ。」と呟く吉田だった。
翌日、女将の環に「(山に連れて行って、お客様がケガをしたらどうするの?)最善の方法をいつも考えていかないと。」と言われ「ありがとうございました。」と答える夏美。女将修行の第一歩を歩き始める夏美だった。

女将修行の第一歩がスタートした夏美。今までの朝ドラヒロイン優(本仮屋ユイカ)やハルカ(村川絵梨)の社会人第一歩と比べると上出来です。あの、お客様が転んだ原因も佳奈(川村ゆきえ)の指導ミスが原因ですからね。一度、社会人(パティシエ)を経験しているヒロインは違います。


どんど晴れ人気blogエンタメ芸能ランキングへ
続きを読む どんど晴れ
タグ:どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

シブーストケーキって? 「どんど晴れ」のケーキ

朝ドラ「どんど晴れ」に出てきたスイーツ、シブーストのケーキ。夏美(比嘉愛未)の父・啓吾(大杉漣)が世界大会で優勝したケーキ。ドラマではパリの菓子職人の名前がつけられた甘さとほろ苦さが楽しめるケーキと説明されていました。
また、はてなダイアリーではカスタードクリームにメレンゲを混ぜ合わせたクリームの間にフルーツなどの甘露煮を挟んだものが乗った、タルトやパイ。なおネットショップを見るとシブーストのフルーツはりんごが多く使われていました。

一度は食べたいですね。シブーストのケーキ。以下は楽天で購入できるシブーストのケーキです。

◇◇ブールミッシュのシブースト
 インターネット限定品◇◇

6月末で販売終了! 
パティシェミウラの
『りんごのシブースト』


続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の女将修行

NHK どんど晴れ 第二週 ひとりぼっちの旅立ち

柾樹(内田朝陽)の事を忘れられない夏美(比嘉愛未)は「盛岡に行って本当の柾樹さんを知った。」と母(森昌子)に話す。理解する母だが父(大杉漣)は柾樹と会うのを猛反対する。柾樹のアパートで待つ夏美は風邪で倒れた柾樹を無理やり看病するが「母は女将になって死んだんだ。」と夏美を女将にさせたくない理由を言う。「私は柾樹さんと二人で幸せになりたい。」と話す夏美だが「帰ってくれ。」と柾樹は言う。
家族に「盛岡に行って女将の修行をしたい」と言う夏美。それを聞いた父は怒鳴り家を出て行った。深夜、新作ケーキを作りながら「(お父さんに)一番大切なことを教えてもらった。」と母に語る夏美は早朝、完成したケーキを残し盛岡に旅立った。

盛岡の加賀美屋で大女将のカツノ(草笛光子)に修行をしたいと言う夏美だが断られる。カツノより連絡を受けた柾樹は盛岡に戻り夏美が本気だと知り「俺と結婚をしてくれ。二度目のプロポーズだけど・・」と言う。再び、修行を頼んだ夏美をカツノは認め仲居修行が始まるのだった。

朝ドラには珍しくドラマスタート時で柾樹と夏美は恋人同士。付き合うまでと付き合ってからのエピソードがないので何故、夏美がパティシエを辞めまで女将になり柾樹と結婚をしたいのか分からない。「桜の木」のエピソードだけでは”愛情”よりは”同情”で付き合っている感じがしましたね。


どんど人気blogエンタメ芸能ランキングへ

・気になりましたシブースト。楽天ランキング1位!りんごのシブースト4号【送料込・おまけ付】

続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんど晴れ あらすじ&感想 夏美(比嘉愛未)の走り方?

NHK どんど晴れ 第一週 わたし女将になります

平成17年、春の横浜。浅倉夏美(比嘉愛未)はケーキ職人である父の元でパティシエ修業中。夏美の家族は父の啓吾(大杉漣)、母の房子(森昌子)、弟の智也(神木隆之介)の四人である。
恋人・柾樹(内田朝陽)の実家に挨拶をしに行く夏美。柾樹の実家が盛岡の名門旅館加賀美屋だと知って驚く。柾樹の家族と親戚一同が集まる中、大女将のカツノ(草笛光子)に挨拶する夏美。加賀美家の人たちに溶け込んで喜寿祝いをする夏美は蔵の中で「座敷童子 と思った。」とカツノに言われる。その夜、民話本を見て「どんど晴れ。はなに?」と言う夏美に「めでたし、めでたし。」と答える柾樹。
柾樹に連れられた場所で一本桜を見る夏美。「母は、この桜が好きだった。」と亡くなった母の思い出を語る柾樹。その後、岩手でデートを楽しむ夏美だが大女将のカツノが倒れたと連絡が入り旅館に戻る。倒れた原因が過労と知り、心配をする柾樹だが「旅館に戻って来てくれないか?」と祖母のカツノに言われる。
南部鉄器職人の平治(長門裕之)が旅館に訪ねてきて夏美を座敷童子に見間違えた事をカツノに言う。座敷童子は見たものには幸運が訪れるといわれている・・・何かを感じるカツノ。その日、夏美は横浜へと帰って行った。
シブースト(ケーキ)の世界大会で優勝した父を誇りに思う夏美は、数ヵ月後の結婚を待ちかねていたが柾樹の様子が何故か、おかしい。
数日後、柾樹が夏美と家族の元に訪ねてきて「盛岡に戻り旅館を継ぐ・・・・結婚は無かった事にして欲しい。」と頭を下げ去っていく。柾樹を追う夏美は「柾樹さんにとっての桜になりたい。・・・私、女将になる。」と告げるのだった。
一ヶ月遅れの「どんど晴れ」の第1週鑑賞です。比嘉愛未さんの上手いとは言えない演技は朝ドラヒロインらしいですね。「風のハルカ」の村川絵梨さんを思い出しました。第一週で印象に残ったのは柾樹(マサキ)を追いかけた比嘉愛未さんの大股で走るストライド走法。足が長いのでそう感じたのかも知れないけど短距離走をしているようでしたね。

続きを読む どんど晴れ
posted by ドラマ案内人 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 比嘉愛未*朝ドラ どんど晴れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。