2013年09月16日

あまちゃんライブ 能年玲奈 アドリブで暦の上ではディセンバー

昨日、NHKで放送の『あまちゃんライブ』を見ました。
冒頭で『あまちゃん』のテーマを演奏。続いて能年玲奈さんが登場。『あまちゃんを見ながら、だらだらさせて・・』と既に撮影はクランアップ、自宅で『あまちゃん』を見ているそうです。作曲の大友さんは能年さんに実際に会って曲を作ったとの事です。
続いて演奏の『行動のマーチ』は春子が24年ぶりに北三陸に帰ってきた時、アキは初めて浜に出た時に流れた曲です。
スタジオのスナック『リアス』のセットに『リアスと言えば勉さんを思い出しますね。』。能年玲奈さんの中ではリアス=勉さんのようです。久慈市の思いでは『泊まっていたホテルから出ると、どこもかしこもスナックがあって・・スナックの上の階にもスナックがあって・・・』と語る能年玲奈さん。
続いての『琥珀色のブルース』はスナック『リアス』のテーマ曲。”ユイママの男と歩いていたとき”に流れた曲は必殺仕掛人の曲。『あまちゃんクレッツマー』は、海女さんのテーマ。『アキのテーマ』は周りを笑顔にするアキをイメージして作った曲。
途中より太巻を演じた古田新太さんが登場。『唯一、あまちゃんという平和の世界にやってくるモンスターなんだと。・・最近の放送を見ているとキョンキョンのほうがモンスターじゃん。』と太巻の役作りについて語り、次の曲『芸能界』を演奏。
そして、今回の『あまちゃんライブ』で初めて知ったことも・・
まめりんと太巻が『暦の上ではディセンバー』の振り付けの練習をする”奈落”にアキが現れ振り付けをするシーンは、能年玲奈さんのアドリブだったそのです。能年さんの『勝手に手の振りを増やして・・・』 に『勝手に本番で、こんなことをやられて・・』と古田さん。あまちゃん75回「おら、奈落に落ちる」『果てしなく♪がいいと思います。』の、あの滑稽な振り付けはアドリブだったそうです。
続いては『潮騒のメモリー』の生演奏バージョン『潮騒』。インストゥルメンタルだと若春子(有村架純)のシーンを思い出しますね。
そして自分が好きな曲。『希求』を演奏。ハーモニカがメインの曲でユイとアキの切ない気持ちを現しています。最後に『地元に帰ろう』を演奏をして”あまちゃんライブ”は終了。
今回も、目がキラキラしていた能年玲奈さん。まだ、本音では話していない印象です。今後、女優として映画とドラマの、どちらを中心に活躍をしていくのでしょう。映画だったらシリアスな役もいいと思いますが、ドラマだったらアキと似たような役がいいと思いますね。テレ朝の金23時のドラマあたりでコメディやるのも面白そうですね。
あまちゃん サントラ2 9月18日に発売
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

あまちゃん【能年玲奈】感想 水口 電波少年 ヒッチハイクの旅

あまちゃん(144回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
北三陸に無頼鮨・梅津(ピエール瀧)が現れた。豪快に、うに丼を何杯も食べる。『何も言うな種。言わなくても分かっている。こんな旨い物を食える奴は東京なんか来なくていい。こっちで、がんばれ。』と種市に言い10時間かけてバイクで帰っていった。渋い!渋すぎる大将。かっけーですよ。
水口のテーマ、ミズタク物語(元ねた・探偵物語のOP)で登場の水口。水口(松田龍平)が春子(小泉今日子)に辞表を出した。中身がない、えっ?ハートフルを辞めたときは書いていなかった?『仕事が面白くない。』と北三陸に行くと言い出す。正宗(尾美としのり)の着いた場所が目的だ。途中で誰かが拾ってくれるに『わき道、遠回り、誰かが拾う!?電波少年かよ!』(元ねた:電波少年・ヒッチハイクの旅)と春子がつっこむ。



潮騒のメモリーズが僕の原点と話す水口。留守電でアキに告白、ユイをアイドルにする発言など、確かに水口のアキとユイへの思い入れ度は半端ではなかった。純喫茶『アイドル』で潮騒のメモリーズinお座敷列車のDVDを見た甲斐さんは『熱いよ〜。ここに、いたかったよ〜』と顔をくしゃくしゃにして号泣。さすが年季の入ったアイドルファンです。
そして、水口は北三陸へ。夏に挨拶、そしてユイと1年半ぶりに再会をするのだった。
予告では『それを作ればやってくる。』と映画『フィールド・オブ・ドリームス』の名セリフ。誰がやってくるのでしょうか?若春子の事かな?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

あまちゃん【能年玲奈】感想 仮面ライダーアマゾン いっそんが変身!?

あまちゃん(143回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
ウニの放流がはじまり、北三陸は再生はじまりの一歩を踏み出した。『リアス』では大吉が寝てしまい、ユイ(橋本愛)が帰りアキ(能年玲奈)と種市は二人きり・・・。琥珀の人・勉さんは背景になっている。
『皆、笑っている。真ん中に天野がいるからだ。』『天野は、こっちが笑ってしまう。』とアキを褒め称える種市。話に割り込み、アキとユイを例えを『月と太陽』と言う勉さん。しっかり二人の話を聞いていましたよ。
種市と煮え切らない関係のアキ。ユイの『すぐ、こんなに、なっちゃうよ。』って安部ちゃんと美寿々さんに言った言葉でしょう。
ユイが、かつて種市先輩と付き合っていた事を思い出し、雄たけびをあげて海に走るアキ。『うわ〜っ!やんだ〜!』と海に飛び込みと、いっそん(皆川猿時)も続いて『アマゾン!』(仮面ライダーアマゾン)と叫び海に飛び込む。アマノがアマゾン?何故?その後、海から上がった会話も、いっそんの『聞いたか、アマゾン!』に『ハイ!』と返事をするアキ。
岩手めんこんテレビのディレクターが復興ドキュメンタリーの製作で北三陸に来ていた。アキ『おらは、潜りてぇだけです。・・・おらの好きな海女カフェを復活させてぃ・・・ユイちゃんが、がんばってねぇと見えるの違うんです。ユイちゃんは戦っているのです。』と言い断る。
その頃、『リアス』には、皮ジャンをきた梅さん(ピエール瀧)がウニ丼を食っていた。
刑務所帰りの小林薫、小林稔侍と噂をする吉田。梅さんは、北三陸に何をしにきたのかな?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 同情するなら、ウニを取らせろ メガネ会計ばばぁ、張り切る!

あまちゃん(142回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
『せんぱーーっ!』とチャリで北鉄を追い抜いていくアキ(能年玲奈)。アキと海が心配で種市が帰ってきた。リアスではユイ(橋本愛)の”元イケメン”のヒロシの”元ヤン”で兄弟けんか・・懐かしむアキ。
観光協会でいっそん(皆川猿時)が、真面目にウニの繁殖を説明。ガレキで海にもぐれない事に『そんなの分かっている。同情するなら、ウニを取らせろだ。』(ネタ元『家なき子』)と叫ぶメガネ会計ばばぁ(木野花)。お盆前に潜れるようにしろの夏ばっばに戸惑う組合長や菅原。夏ばっばの『だがらこそ、ここで本気ださなくてどうする。いづまでたっても被災地だぞ。』。そして、いっそんも『あそこまで言われて男が動かないて嘘でしょう。』と男らしさを見せる。アキの『いっそん、かっけーっ。』に『初かっけー、いただきました。』と喜ぶいっそん。
防波堤の土台作りが行われ、親ウニの放流、県外のウニでウニ丼の出荷、それをアキが車内販売。ウニ丼を作りながら『ウニは銭銭♪ウニは、銭♪』と『いつでも夢を』の替え歌うメガネ会計ばばぁと海女さんたち。ひどい替え歌ですがキャラに合っていますね。レールウォーク北鉄でオタクを釣るアキ。ヒビキも北三陸に通いリアスでくつろぐ。なかなか、表舞台に立とうとしないユイ。潮騒のメモリーズ復活はいつになるのかな?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

あまちゃん【能年玲奈】感想 鈴鹿ひろ美と太巻、結婚!司会は徳光和夫

あまちゃん(141回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
無頼鮨で鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が太巻と結婚することを水口(松田龍平)に話す。喫茶『アイドル』で、平成元年から鈴鹿と太巻は一緒に暮らし始めていた事を春子たちに語る。司会は徳光和夫さんにやってもらう、式を挙げる予定だったが猪木のスカイダビングとかぶった為にやめた事など、なかなか式のタイミングがあわなかった。しかし、震災をきっかけに結婚を決めたのだった。
そして、8月に入ったある日、北三陸には、安部ちゃんが帰ってきた。『安部ちゃんが、おらの落ち武者だった事を、誇りに思うぞ。』と言うアキ(能年玲奈)。また間違うアキに訂正する安部ちゃん。久々にアキの”落ち武者”発言を聞きましたね。3年も、北三陸に帰っていなかったとは・・・その決意に泣けてくる。安部ちゃんら北三陸の人々の為に、海女カフェを作るというアキ。そして、種市も北三陸に帰ってきた。リアスでユイと会ってしまった種市・・・どうなる?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】感想 いっそんの復興すね毛ミサンガ

あまちゃん(140回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
ユイが震災にあったトンネルを訪れたアキは、そこから見た光景に言葉を失う。ユイの負った心の傷の深さ・・・皆、多くのものを失った事に気づくアキ。
アキのアイディアで網で復興のミサンガを作ることにする。ヒロシの撮った動画でアキは復興祈願・海女のミサンガをPR。 アキは、種市にミサンガを送り、いっそんが海底調査で種市に手伝えと言っていた事を伝える。夏ばっばに『四捨五入したら100歳だべ。』と海にもぐる事を心配するアキ。 『かつ枝さんと組合長に、ここは危ないから海から離れて暮らせと言えるか?』『1回2回へそを曲げたくらいで、よそで暮らそうなんて・・・はなっから、そんな気持ちで生きていない』と夏ばっばはアキに語るのだった。
長内夫婦と一緒にミサンガを作るいっそん、実の親子のようでした。ミサンガにすね毛を絡ませたのは組合長やかつ枝さんを笑わせる為に、わざとやったのかな?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】感想 ユイ(橋本愛)の復帰は?

あまちゃん(139回)感想「おら、やっぱりこの海が好きだ!」
2011年夏。海開きで潜ったアキ(能年玲奈)だがウニがない。ウニは震災で浜に打ち上げられ駄目になっていた。観光組合に集まり復旧会議をする大吉、菅原、商工会長、組合長、アキ、ユイ、弥生、かつ枝、勉さんたち。北鉄には、存続を望む多くのメッサージが届いていた。大吉の『非常時には、採算度外視で走るべきです。』に北三陸の人々は同意する。『んだ、んだ、んだ、んだ、』と叫ぶ弥生さん。海女カフェ再建の心配をするアキだが、海女カフェ担当のヒロシは資料の隅に『弥生さんマリオ』のイラストを書いていた。意外と似ている弥生さん。B’Zのネタで盛り上がる吉田と栗原ちゃん。アキは、復興のミサンガを提案するが予算がない。途中から来た足立先生は県会議員を辞職、来年の市長選に立候補する事を発表。
アキは潮騒のメモリー復活を試みるが『私は、もういい。』とユイに言われる。まだまだ復興までは程遠い北三陸。アキも、ちょっと寂しげでしたね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 ユイの彼 ジミ・ヘンドリックス(ハゼ・ヘンドリックス)

あまちゃん(138回)感想「おら、みんなに会いでぇ!」
震災で半壊状態の海女カフェを復活させると宣言するアキ(能年玲奈)。そこにユイ(橋本愛)が現れ『無理だよ』と言う。ユイに彼が出来ていた。ハゼとジミ・ヘンドリックスを足して2で割った感じって・・・・ハゼ・ヘンドリックス?ユイがアキに見せたイラストは、どう見ても”なすび”です。
ユイがミュージシャンのジミ・ヘンドリックスを知っているとは花巻さんの影響かな・・


アキは『北三陸が一番いいとユイちゃんに教えるため・』に帰ってきた理由を話す。ユイも『アキちゃん、帰ってきてありがとう。』と礼を言うのだった。
そして7月1日、袖が浜海岸の海開き。復興祈願イベント、そしてアキが帰ってきた事でヒビキらが集まる。ヒビキの『東京でぱっとしなかった』に怒るアキ。北三陸でのアキとヒビキのやり取りはなつかしいですね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】感想 サンドウィッチマン、中村雅俊 北三陸へ

あまちゃん(137回)感想「おら、みんなに会いでぇ!」
2011年6月24日。アキが1年半ぶりに夜行急行バスと路線バスで北三陸に帰ってきた。観光協会に立ち寄ると多くの救援物資が届いていた。
北三陸駅から列車に乗り、袖が浜まで行く。列車の中で、北三陸での思い出を振り返る。外がにぎやかになり窓からホームをのぞくと・・・。
『おかえり、アキちゃん』。『アキちゃん』。大吉、ヒロシ、菅原、勉さん、弥生、美寿々、かつ枝、花巻さんが旗を振って出迎えた。あまちゃんのテーマと共に、なつかしい顔。北三陸の人たちは、ここ数回出演していないだけに、なつかしいですね。
天野家には、組合長、ブテック今野、いっそん、栗原ちゃんも集まる。サンドウィッチマン、中村雅俊、若貴、エグザイル・ヒロシのジャージサインを自慢するいっそん。
海に行くと夏ばっばが潜っていた。そこに弥生、美寿々、かつ枝さんがウエットスーツを着て集まった。最近は、セット撮影が多かった『あまちゃん』。今日のロケ撮影は、震災後の北三陸をリアルに再現していましたね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

あまちゃん【能年玲奈】感想 アキ、北三陸へ。かってに最終回?

あまちゃん(136回)感想「おら、みんなに会いでぇ!」
春子(小泉今日子)に『北三陸に帰りてぇ!』と言うアキ(能年玲奈)。春子にB級アイドル止まりと罵倒される。アキは、”夏ばっば、ユイ、北鉄、海女カフェ、リアス、琥珀、北三陸の皆の事が気になる”と話す。甲斐さんはキーパーソンになっていると水口は言うは『テレビに夢中で聞いていなかった。・・・もったいない。』と甲斐さん、本当に知らなかった?先週の放送で鈴鹿さんがスリーJ所属になったのは春子を東京に残すため。仕事が楽しいから?正宗と一緒にいたから?春子の、本当に気持ちはどううなんだろう?春子の『最終回?人生は、まだまだ続くのよ。』って、ここ数回の『あまちゃん』を指しています。
鈴鹿ひろ美、太巻、大将、安部ちゃん、GMTの仲間に別れの挨拶。夜行急行バスに乗り込むと、そこに種市が現れ手作りの卵焼き渡し、種市は『南部ダイバー』を歌いアキを送り出す。
そして、アキは1年半ぶりに北三陸に帰るのだった。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】 感想 どうする水口(松田龍平)、北三陸へ行く?

あまちゃん(135回)感想「おら、みんなに会いでぇ!」
冒頭でストープさんを思い出すアキ。そして、今回は春子が”水口(松田龍平)の心情”をナレーション。
ホクロから生えた毛を伸ばす事と寄り目がアキがはまっている事。喫茶『アイドル』ではテレビでGMT5が大船渡市慰問で”地元に帰ろう”を歌う様子が流れていた。『熱いよね。どうせ、売名行為だけど日本を元気にしているよね。』とつぶやく甲斐さん。その通り!実際に、芸能人やスポーツ選手が被災地を訪れ元気にしていましたよね。
震災後、仕事を休んでいる鈴鹿さんと映画『潮騒のメモリー』を見るアキは『北の海女てぬぐい』を握りしめて号泣する。
6月1日、水口がGMTとアキの共演話をアキにする。スタジオで『地元にかえろう』を歌うアキとGMT5。アキを、見つめる水口は”種市からアキが岩手に帰りたがってる”と言われた事を思いだし涙を流す。

喫茶『アイドル』でスタジオで収録をした『地元にかえろう』を見る春子、正宗、甲斐さん。『熱いよね、これ。永久保存版だよね。』と甲斐さんは呟く。そこに、アキが現れ『おら、地元に帰りてぇ。北三陸に帰りてぇ。』と言うのだった。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

あまちゃん【能年玲奈】 感想 ストーブさん、アキの中では亡くなった

あまちゃん(134回)「おら、みんなに会いでぇ!」感想
ユイ(橋本愛)のケータイ電話につながった。アキ(能年玲奈)は『(ライブは)中止でなくて延期だら必ず来てよ』と言うが『もう行けない。怖くて、行けない。アキちゃんが来てよ!道がなくなっていたの・・』とユイ。今回も、東京に行くことができなかったユイ。せつな過ぎます。
その夜、アキは徒歩で自宅まで帰る。アキは、春子と正宗に夏ばっばからと『皆ぶじ』とメールがあった事を伝える。
翌日の3月12日。線路上で片付けをする大吉、吉田、ヒロシ。『吉田君、一刻も早く、列車を走らせるぞ。』と大吉。『北鉄が走るってだけで勇気づけられる。』とヒロシ。『走るべ。たとえ一区間でもいい。』と熱い大吉。
そして震災から5日後(3月16日)、北三陸と袖が浜の一区間のみ北三陸鉄道は運行を再開した。夏ばっぱも、ウニ弁当を作って乗り込む。走る北三陸列車に手を振る人々を見て『ありがとう。』と手を振る大吉と吉田。北鉄は『銀河鉄道999』の曲と共に走るのだった。

それから一月の4月29日に、東北新幹線が運転を再開した。映画『潮騒のメモリー』は公開後、一週間で打ち切りになっていた。アキのレギュラー番組『見つけてこわそう』は『じぇじぇじぇのぎょぎょぎょ』にタイトルが変わり、鈴鹿ひろ美は、仕事のやる気をなくしていた。
無頼鮨で『売名行為と言われるんです・・・炊き出し行っても貴乃花親方とバッティグして目立たないし・・』と愚痴をこぼす荒巻。太巻はGMTメンバーと共に被災地でベーグルを配っていた。
コンビニでGMTが表紙の雑誌『ZBA!』(SPA!)とカップ麺を買うアキ。種市に、寝る前に北三陸の皆が、どんな顔をして笑っていたか思い出すと話すアキ。『夏ばっば、大吉っつぁん、いっそん、菅原さん、吉田さん、今野さん、勉さん、いっそん!組合長、じいちゃん、弥生さん、眼鏡会計ばばあ、美寿々さん(胸チラ)、花巻さん(フレディ花巻)、いっそん!栗原さん、足立先生と奥さん、いっそん!』・・・・ストーブさん、アキの記憶から消えている。亡くなった存在?『ユイちゃんだけが、どんな顔をして笑っていたか思い出せない。』と言うアキ。
その夜、アキは夏ばっばに『今年の夏は潜らないよね。』とメールを打つと『お構いねぐ』と返事が返ってくるのだった。

いっそんのインパクとアキに忘れられるヒロシ(ストーブ)。しかし劇中でヒロシは、かっこいい事を言ってます。ドラマスタート当初からヒロシは一番成長をしたキャラですよ。北三陸を懐かしむアキは北三陸に帰ることになるのでしょうね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】 感想 東日本大震災(2011年3月11日)

あまちゃん(133回)「おら、みんなに会いでぇ!」感想
2011年3月11日。それは、突然やってきた。北三陸では夏ばっばのケータイから警報メールが受信。ユイ(橋本愛)の乗った列車も揺れていた。東京でも、東京江戸シアター、春子の世田谷のマンション、無頼鮨と揺れていた。
ユイの列車に同行していた車掌・大吉(杉本哲太)は『止めろ!ブレーキ!ブレーキ!』と叫ぶ。
3月11日 東日本大震災が発生。午後2時46分の時点で運行中だった北三陸鉄道リアス線の車両は2台。1両は海に迫る高台で止まり、もう一台は畑野トンネルの中。乗客は、ユイの他に鈴木のばっば、親子連れが1組、部活帰り中学生が二人だった。暗いトンネルから電話をする大吉とユイだが繋がらない。東京では、震源地が宮城だと分かり小野寺ちゃんの心配をするGMTメンバー。
北三陸の列車内では吉田に無線連絡をする大吉だが、吉田の『津波!津波がきます!大津波警報発令!非難します。』を最後に途切れる。
テレビのニュースで震災の状況を知ったアキ(能年玲奈)は、夏ばっばに連絡をするが繋がらない。実家と連絡が取れない小野寺ちゃんは憂惧する。
16時30分、列車内では乗客を励ます大吉は『ゴーストバスーズ♪』を歌いながらトンネルの外の状況を見に行く。トンネンルの外に来て呆然となり『見るな・・・。ユイちゃん見ては駄目だ。』と後ろのユイに言う。『ごめん。。。、もう遅い。』とユイ。線路は寸断され無くなっており涙を流す大吉だった。
19時33分。アキは奈落で夏ばっばに電話をするが、まだ繋がらない。奈落に、とん汁を運んできた安部ちゃん。真奈の『(安部ちゃんのまめぶは)ドラえもんのドラ焼きみたいなもんたい。』にドラえもんのモノマネをする安部ちゃん。ファンが小野寺ちゃんの母が無事なのをブログに書き、小野寺ちゃんはホットする。
突如、アキが机の下に潜り、切れたミサンガを手に出てくる。『だいじょうぶ、皆無事だ。』と言うアキだった。
そしてアキのケータイには夏ばっばからのメールが届いた。

東日本大大震災の状況を詳しく伝える小泉今日子さん。まるで、ドキュメンタリーを見ているようです。北三陸鉄道のトンネル停止は、実際に起きた事を参考にしてクドカンが脚本を書いており、”奇跡の車両”と呼ばれたのも事実。今回の大吉さん、頼もしかったな。モデルになられた方も立派な方なのでしょう。3月11日の東日本大震災。当初は、自分も津波が多くの人々の命を奪い歴史に残り大地震とは想像していませんでした。ガソリン不足、そして数日の停電。あの時の事は、一生忘れる事はないでしょうね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 (東京編) 最終回 ユイ(橋本愛)の死をミスリード

あまちゃん(132回)感想「おらとママの潮騒のメモリー」
映画『潮騒のメモリー』が完成した。北三陸駅では主題を歌うアキ(能年玲奈)のデビューCD『潮騒のメモリー』を販売していた。映画の公開にあわせてアキとGMT5は3月12日に江戸シアターでコンサートを開くことになる。
2011年3月11日。水口(松田龍平)はステージを見つめ『とうとう来たね。』とアキに語る。喫茶『アイドル』では、鈴鹿ひろ美がスリーJプロダクションに所属したいと春子に話していた。鈴鹿の『夫としてはいいけど、仕事のパートナートとしてはとっくに切れている。』に驚く春子と正宗。その直後、アキと会った春子は『(正宗と)寄りを戻そううかな。』と話す。江戸シアター前で振り付けの練習をしていたヒビキは肩を脱臼、安部ちゃんも”あめぶ”を売っていた。
北三陸では、東京のコンサートに行くユイを見送る為に、菅原、いっそん、勉さん、弥生さんたちが『リアス』に集まってた。”本当に帰ってくるつもりだったのか、それとも 東京で暮らす覚悟だったのか それは誰も分かりません”と春子のユイが亡くなるようなナレーション。ユイの死をミスリードしています。
東京では、水内、太巻、河島がまえぶを食べていた。水口は『天野の親友が上京します。よかったら、会ってみて頂けますか?』と太巻きに言うのだった。
そして、ユイを乗せた列車は北三陸駅を発った。

オールキャスト出演だった東京編の最終回。北三陸編の最終回では、アキを見送った北三陸の人々。東京編の最終回では、ユイを見送っています。この時に、ユイの気持ちは・・・・橋本愛さんは、どんな心境で演じていたのかな?北三陸には、帰るつもり?それとも・・・。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん【能年玲奈】感想 太巻(古田新太)、号泣で死亡フラブ

あまちゃん(131回)感想「おらとママの潮騒のメモリー」
2010年の暮れ。アキ(能年玲奈)は『潮騒のメモリー』のレコーディングをする事になる。春子(小泉今日子)や太巻(古田新太)が立ち会う中で必死に歌うが、なかなかOKが出ない。鈴鹿ひろ美の影武者で『潮騒のメモリー』を歌った事を思い出す春子。太巻は『この歌、歌えるでしょう?』と春子に問いかけ歌うことになる。
『来てよ その火を飛び越えて・・・♪』と春子がアキに手本を見せている途中に、スタジオに鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が現れる。太巻の『歌を差し替えてしまいました』に『どうして今さら』と鈴鹿が答える。アキの『知ってましたよね・・・いつからですか?』に『いつかしら・・ずっと前の気もするし、今のような気もする』と鈴鹿は答え『ごめんなさいね。』と春子に謝る。そして太巻も『申し訳ない。春ちゃん。』と鈴鹿ひろ美の影武者をさせた事を謝罪をするのだった。再び、アキがレコーディングを開始、『潮騒のメモリー』を歌い始める。『感謝しなくちゃ。アキのおかげで鈴鹿さんに会えました。』『いい娘さんね。』と言葉を交わす春子と鈴鹿ひろ美。
そして映画は完成。試写会で号泣するする太巻の姿があった。

『アサイチ』で『あかんよ、泣いたらあかんよ。』とイノッチに言う有働アナ。影武者を知った鈴鹿に謝る太巻。今回の『あまちゃん』に久々に泣ける内容でしたね。毒が無くなった今週の太巻。悪人が善人になった場合、死亡フラグが立つ事がありますが太巻はどうなるんでしょう?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 映画『潮騒のメモリー』クランクアップ

あまちゃん(130回)感想「おらとママの潮騒のメモリー
北三陸から春子が戻った。映画『潮騒のメモリー』は、最後のシーンを撮影していた。
アキの『親孝行出来なくて、ごめんなさい。』の後に、病床の鈴鹿ひろ美は布団から出て想定外の行動をとる。タンスまで歩き『この先、辛いことがあったらこれて、涙拭きなさい。』と手ぬぐいを渡す。アキは、夏ばっばから、上京前に手ぬぐいを渡された事を思い出し泣き出す。『母ちゃん。ごめん、母ちゃん。』と鈴鹿ひろ美と抱き合うアキ。
クランクアップで『一度は、ポンコツのガラクタ扱いをされた私を拾ってくれて、どうもありがとう。』と太巻、『鈴鹿さんは、面倒くせえところを直せば、いい女優さんになれると思います。』と鈴鹿に挨拶をするアキ。一ヵ月半に及ぶ撮影は終了した。
撮影現場に現れた春子はアキの彼氏の事で、水口の腹にパンチを何発を放つ。『プラトニックです。じっちゃんの名にかけて・・』と言い訳をする水口。さすが元スケバン、貫禄があります。無頼鮨では、『(女優は向いていいないが)天野アキがよかったのよ。』と鈴鹿ひろ美に褒められるアキ。この鈴鹿ひろ美のセリフ、能年玲奈さんの次回作でコケたら、回りから言われそうな言葉ですね。”天野アキ”が当たり役だけに、ちょっと心配になりましたよ。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

あまちゃん 感想 天野アキfeat.GMT&アメ女 CDは出る?

あまちゃん(129回)感想「おらとママの潮騒のメモリー」
鈴鹿ひろ美と、擬似親子生活も一ヶ月が経とうとしている。”鈴鹿スペシャル”を飲んで雄たけびを上げるアキパパ。
『潮騒のメモリー』の撮影中、鈴鹿ひろ美の後ろ姿が夏ばっばに見えるアキ(能年玲奈)。北三陸では、夏ばっばの病気も回復、起き上がり歩けるようになる。
映画『潮騒のメモリー 母娘の島』は2011年3月5日に公開決定。何故か、太巻は敬語・関西弁で水口と話す。主題歌『潮騒のメモリー』は、太巻の提案で天野アキfeat.GMT&アメ女。水口から電話で、それを知った春子は『落ち目のアイドルと抱き合わせは絶対だめ!』と怒鳴る。えっ!GMTとアメ女は、そんなに落ち目だった?そして、ユイからアキに彼氏がいる事を知った春子は再び上京する。
春子が出て行った事を知らず、春子に話しかける夏ばっば。ちょっと、寂しげでしたね。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 前髪クネ男と山川健次郎

あまちゃん(128回)感想「おらとママの潮騒のメモリー」
『無頼鮨』の裏で種市(福士蒼汰)とキスをしようとするアキ(能年玲奈)だが、水口と大将が覗いておりキスは出来ず。
アキの相手役・トシヤ(勝地涼)が腰をクネクネしながらクランクイン。アキは苦手なタイプで”前髪クネ男”とあだ名をつける。おじいちゃん、いれ歯くさいの顔をして太巻きに注意をされるアキ。現場に差し入れに現れた種市は、腰をクネクネするトシヤ【前髪クネ男】を睨む。北三陸のユイに電話をするアキ。ユイは、アキと種市が付き合っているのを知っていた。
鈴鹿に『ファーストキスは現場だった。・・・・正直に生きるのをやめた。嘘の世界で生きることにしたの・・・』に納得するアキ。そして、キスシーンの本番。『貪るような接吻』を『踊るような接吻』と間違える前髪クネ男とのキスは、女性ファンの多い前髪クネ男(トシヤ)側からNGとなる。
2010年、秋。アキは現時点で一番好きな相手とファーストキスをするのだった。
「前髪クネ男」は、あまりにも、インパクトがありすぎます。前髪クネ男の影響で「八重の桜」の山川健次郎も笑って見てしまいますよ。
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまちゃん 感想 薬師丸ひろ子 鈴鹿スペシャルは美味い?

あまちゃん(127回)感想「おらとママの潮騒のメモリー」
映画『潮騒のメモリー』の撮影がクランクイン。ひろ美の夫・シンスケで既に死んでいた。夫の残した借金、村人の噂話、執拗な嫌がらせ、60年に一度の巨大台風、120年に一度の大飢饉、4年に一度の盆踊り、鈴鹿山の大噴火、漁師・トシヤの出現、ひろ美の流行病と『潮騒のメモリー』は壮大なパニック映画?現場では、太巻きより鈴鹿が仕切っています。アキ(能年玲奈)の演技向上の為に一緒に暮らす鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)。ウーロン茶・焼酎一滴で倒れてしまう大吉って、ウーロン茶だけで酔ってしまう大吉には強すぎました。
早朝(朝5時)から、朝ごはんを用意する鈴鹿ひろ美。手作りの鈴鹿スペシャルに『うあーーっ!だまされた。』とアキ。ネットでは、この”鈴鹿スペシャル”は薬師丸ひろ子さんが実際に作って飲んでいるジュースのレシピから作ったそうなので、そんなに不味い訳はないでしょう。
ロケが再開。鈴鹿ひろ美に見とれて『かっけーっ!』と叫ぶアキ。太巻きの『まだ、ワンカットも撮っていないよ。』って誰に言ったのでしょう?
続きを読む
posted by ドラマ案内人 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

あまちゃん 最終回 ネタバレ 今日は東京編が最終回

今日の『あまちゃん』131回「おらとママの潮騒のメモリー」は、第2部東京編の最終回と言っても言い内容でしたね。

いつからかは明言は、なかったが鈴鹿ひろ美は『潮騒のメモリー』を影武者が歌っていた事を知っていた。そして、春子が『潮騒のメモリー』を歌っていた事も春子と会った時に気づいた。天然だと思ってたいた鈴鹿ひろ美さん、映画『潮騒のメモリー』でアキ推しの理由も償いの意識があったからでしょう。
『感謝しなくちゃ。アキのおかげで鈴鹿さんに会えました。』『いい娘さんね。』と言葉を交わす春子と鈴鹿ひろ美。いいシーンですよ。
そして、春子と太巻のわだかまりも、太巻の『申し訳ない。春ちゃん。』で解消されましたね。映画の撮影中は本業でない監督業だった為、おだやかだった太巻。撮影期間中、鈴鹿ひろ美やアキと過ごした事によって考え方が変わったのかもしれない。アキは人を変える・・・・・北三陸を発つアキに春子が語っていましたね。

<あまちゃん 北三陸編 最終回 あらすじ>
「バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!」と弥生、かつ枝、美寿々、花巻ら海女の仲間たち旗を振って見送られるアキ(能年玲奈)。列車の窓から顔を覗かせ『私、変わった?』と問いかけるアキに『変わっていないよ、アキは。地味で、暗くて、協調性がなくて・・・・だけど、みんなに好かれたね。あんたじゃなくて皆が変わってんだよ。自信持ちなさい!』と春子は答える。『行ってきます!』『がんばれ、アキ』。そして、アキは北三陸駅を発った・・・。
リアスに戻った春子は私の時は誰も送ってくれなかった呟くと、勉さんが『夏さん、ちゃんと見送りしていたんだよ。』と話す。
『バンザーイ!バンザーイ!アキ、辛くなったら、けえーって来いよ。』『ばっば元気でね。またねーーーっー!』と列車から手を振って別れの挨拶をするアキ。
袖が浜駅にユイがいた為に『なんで?』と驚くアキに『ごめん行けなくなった。すぐ、追いかけるから先に行っていて・・』とユイは父が倒れた事を話す。
去りゆき列車を追いかけながら『待っててね。アキちゃんーーーーっ!』と泣き叫ぶユイ。列車の窓から北三陸の風景をみつめるアキだった。


【北三陸編 最終回収録 【送料無料】あまちゃん 完全版 DVD-BOX 2 楽天市場】

<あまちゃん 東京編>
『あまちゃん』131回「おらとママの潮騒のメモリー」あらすじ
2009年の暮れ。アキ(能年玲奈)は『潮騒のメモリー』のレコーディングをする事になる。春子(小泉今日子)や太巻(古田新太)が立ち会う中で必死に歌うが、なかなかOKが出ない。太巻は『この歌、歌えるでしょう?』と春子に問いかけ歌うことになる。
『来てよ その火を飛び越えて・・・♪』と春子がアキに手本を見せている途中に、スタジオに鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が現れる。太巻の『歌を差し替えてしまいました』に『どうして今さら』と鈴鹿が答える。アキの『知ってましたよね・・・いつからですか?』に『いつかしら・・ずっと前の気もするし、今のような気もする』と鈴鹿は答え『ごめんなさいね。』と春子に謝る。そして太巻も『申し訳ない。春ちゃん。』と鈴鹿ひろ美の影武者をさせた事を謝罪をするのだった。再び、アキがレコーディングを開始、『潮騒のメモリー』を歌い始める。『感謝しなくちゃ。鈴鹿さんのおかげでアキに会えました。』『いい娘さんね。』と言葉を交わす春子と鈴鹿ひろ美。
そして映画は完成。試写会で号泣するする太巻の姿があった。

6月のあまちゃん(北三陸編)最終回に続き、今日の東京編 最終回。
振り返ってみると最終回の週は春子を中心に描かれていますよね。北三陸では春子と夏ばっぱ、東京編では春子と太巻の蟠りが解消。北三陸編では、夏ばっぱが春子に謝っていましたね。クドカンがキョンキョン好きで印象に残るシーンが多くなるのは分かるのですが震災復興編では、今までより主人公アキをシーンを多めにして欲しいですね。

・あまちゃん案内・キャスト:能年玲奈:橋本愛
・あまちゃん あらすじと感想「おらたちの大逆転」:あまちゃん 第126回あまちゃん 第125回あまちゃん 第124回あまちゃん 第123回あまちゃん 第122回あまちゃん 第121回
・あまちゃん 最終回 ネタバレ?伏線:いっそんは福島県いわき市出身!身内が震災で亡くなる?夏ばっばが配った「北の海女」手ぬぐいの意味逆回転・・・アキが震災で言われる?アキ(能年玲奈)とユイ(能年玲奈)のビデオメッセージをユイの兄ヒロシ(小池徹平)が撮影春子(小泉今日子)と正宗(尾美としのり)が再婚アキが濡れ場 R指定入間しおり(松岡茉優)が、アユミに言った”借りを返す”三又又三(三又ダンス)再登場
あまちゃん(海女編)最終回 あらすじ&感想 さよなら夏ばっぱ

posted by ドラマ案内人 at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能年玲奈 朝ドラ あまちゃん 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トピックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。